« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

2006年11月に作成された記事

琉球泡盛、、、3本目w

_20061119_00000 夏休みに沖縄に行って、泡盛(残波の25度)を一升瓶で6本自宅に送った
そのうちの3本がもう少しで終わろうとしている。(←だたの大酒飲みの証拠写真みたいだねえw)
 ということは、あと3本もあるのねんw。
 今は、オンザロックで日にグラスに1~2杯たしなんでいるが、ネットで泡盛の効能について調べてみた。飲みすぎなければ、非常にいい効能のある酒のようですね。
Q:泡盛の効能について
泡盛は、ワインより体にいいと聞いたのですが、本当ですか?

正確には、泡盛は「赤ワインよりも血栓性の病気になる確率が低い」と言ったほうがよいですね。「血栓」とは、血管の中にできる血の塊のことで、血液の流れをさえぎる為、動脈硬化や心筋梗塞を引き起こしてしまいます。その血栓を溶かす酵素「血栓溶解酵素」が、特に泡盛には豊富に含まれていることが、最近の研究で明かになり、ワインよりも体によいと言われています。しかし、飲み過ぎには注意しましょうね。

 蒸留酒である泡盛は、醸造酒である日本酒やワインなどとは異なり、糖分やアミノ酸を含んでいません。だから、同じアルコール度数のお酒と比較すると、泡盛は非常に低エネルギーで、ダイエット中にもお勧めのお酒です。糖分が含まれていないため、飲んだ後すぐに血糖値が上昇することもなく、血糖値が高めの人も安心です。
 
  純粋なアルコールは1g当たり7kcal。お酒のカロリーは脂肪やタンパク質などほかのエネルギー源と異なり、その3割がすぐに体温上昇などに消費されるので、実際のカロリーは5kcal程度といわれています。泡盛はアルコール度数が高いものが多いので高カロリーになると思われがちですが、体温上昇などに消費される分も多いのです。
 
  また、氷を入れてオンザロックにしたり、水やお湯で割って飲んだりすれば、さらに低カロリーに抑えられます。

 適量のお酒は心身の緊張を解き、ストレス解消に役立ちます。泡盛も例外ではありません。水や湯で割ってアルコール度数15~16%くらいにした状態で飲むと、大脳新皮質の高ぶりが弱まり、理性にゆとりが出て、不満や憂鬱な気分が吹き飛びます。不安や恐怖を鎮める治療薬「トランキライザー」と似たような働きが泡盛にあることや、快感物質を分泌させる働きがあることなども、報告されています。

 ストレスは、免疫力を低下させ、がんや心筋梗塞、脳梗塞などの重大病を招きます。厚生労働省が4年に一度行う「患者調査」では、ストレスを感じている人の割合が沖縄県は全都道府県中、最下位。よく知られるように、沖縄県は長寿者が多い土地でもありますが、泡盛を日常的に飲み、ストレスを溜め込まないようにしていることが、長寿者が多いことと関係しているのでしょう。

| | コメント (0)

採れたて「青首大根」「ほうれん草」♪

Imgp1341 野菜は採れたてが断然うまい!

ここ一週間の冷え込みで、ほんのり甘みがのった青首大根は、千切り生サラダがいちばん!

お好みのドレッシングを少しかけて(我が家は、「炒めにんにく」ドレッシングでした)

メキシカンタコス味のチップスを細かく砕いてふりかけたものが、我が家の人気メニューです。(写真参照)

写真はありませんが、「ほうれん草」は小ぶりですが、やわらかでエグミがありません。

お昼のラーメンのトッピングはほうれん草でした。夕飯の味噌汁の具にもほうれん草を入れました。まろやかな甘みがあります。

糖度の高い野菜は、味はもちろんエグミがなく美味しいのです。糖度の低い野菜よりも、ビタミンもミネラルも豊富に含まれています。

σ(▼▼;)は野菜作りに農薬を一切使っていません。安全で美味しい採れたての野菜を食せる幸せって、何物にもかえられませんねえ♪

| | コメント (0)

シンプル is Best

「永田農法」というのは、たいへんシンプルで理にかなった野菜の育て方だと思います。

今年は本やネットを参考に見よう見真似でやってきました。そろそろ農閑期に入るので今期の反省と来期の準備に入らなければいけません。

・珪酸カルシウムの散布

Imgp1331 栄養過多になって酸性度の高い畑をよく中和してくれたと思います。しっかりした根や茎の野菜が多く育ちました。                                      

 

・水と液体肥料やり

Imgp1330  葉もの野菜と実もの野菜では、肥料の窒素・リン・カリの割合がちがうようですが、今年はこれ一本で育ててきました。 (面倒なのでw)

 自分としての大きな反省点は、肥料や水のやり過ぎだった気がします。どうしても「たくさんあげなければ」という先入観が行動に走らせてしまう気がします。もっとぐっと我慢して、野菜の気持ちや表情を見れるようにならないといけないなあ。                                                   「水を欲しがっていそうかな?」というところまで見れるようにならないと、糖度の高い野菜は作れないと思います。野菜の表情を見れるようになるまでには、まだまだかかるんだろうなあ。

・その他

 マルチを敷くことの効能がよくわかった一年でした。来年はじゃがいもやサツマイモにもしっかりマルチをしたいですね。苗の植え方にも秘密(コツ)がありました。こういう経験則は、やってみて結果をみて次に生かしていくしかありません。

Imgp1310  さて、今期はフリルレタスを収穫して、大根とにんじんで終了です。タマネギとスナックエンドウは冬越えさせます。この冬は改めて「永田農法」の詳細を読み深めないと、、、。

Simple is Best. 好きな言葉です。

|

ぶらり父娘の日帰り旅行w

永田農法を取り入れて、おいしい米や野菜を作っている町が、新潟の上越市にある。

杜氏の郷と呼ばれる「吉川町」だ。http://www.yoshikawa-touji.co.jp/michino_eki.htm

今日は日曜日、たまの休みだから家でゴロゴロもいいのだけれど、、、

好奇心の虫が動き出して「野菜の買出しにいくか~」となった。車で行くと高速を3時間、、休みなのに疲れに行くようなものだから、電車でのんびり行くことにした。一人旅もさびしいので、嫁を誘ったが無下に断られ、生野菜好きの娘を誘ったら、「おもしろそ~」ということになり、交通費倍額払うことになりw、父娘の珍道中をしてきました。

まだ真っ暗闇の中を5:45に家を出発。嫁の車で最寄の駅でおろしてもらい、長野駅へ向かう、、、

(行き)

長野駅発6:18-直江津駅着8:05-直江津駅発9:06-上下浜駅着9:26=徒歩=道の駅着9:55

(帰り)

道の駅発10:50=徒歩=上下浜駅着11:20-上下浜駅発11:30-直江津駅着11:49-直江津駅発11:54-長野駅着13:29 帰宅時間は14:15

    Imgp1311                                                 早朝の日曜日の電車は乗客がほとんどいませんでした。

                                                                                                                       

Imgp1312

直江津駅で待ち時間が1時間もあったので、駅前のホテルのレストランで和定食をゆっくりいただきました。(σ(▼▼;)一人旅だったら、立ち喰いうどん、そばで済ませてたでしょう、、・・……(-。-) ボソッ) 

                                                                          

Imgp1313

 上下浜駅は、なんと無人駅でした。「天気が悪ければ、駅から道の駅までタクシーで行けばいいや」なんて甘い考えでした。だれもいないしw。降りたのは、おいらたちだけw。ここから、片道30分歩いたのでした。行きはよいよい、帰りはこわいw。帰りは低気圧の発達で電車も遅れるほどの風雨が強まり、傘が飛ばされそうになったぁ。Gパンも前だけずぶ濡れ状態。

200611121041000 道の駅に着きました。買い物を済ませてから、「ごま」と「かぼちゃ」のジェラートを二人で食べてみました。甘さひかえめでおいしかったです。お酒の醸造過程が見学できるようになっていました。どこかの会社の一行が、日本酒の試飲で盛り上がっていたぞ。

Imgp1309

これは買ってきた野菜です。写真ではわかりずらいですが、「にんにく」と「ほうれん草」が巨大ですw。10時開店だったのですが、待っている人もいて、レジには行列ができていました。野菜は一目見ただけでわかります。新鮮でおいしそうな野菜でした。白菜、キャベツ、大根はよく売れていましたが、重いので買ってきませんでしたw。電車の中で食べる昼食用にと、「五目おこわ」(300円)と「押し寿司」(600円)を買いました。これもおいしかったですよ。

お米は買い忘れた。というより見当らなかったので、次回にしよう。今回はおいしいお米で作られたという日本酒を土産に買ってきました。

実は今日はσ(▼▼;)の父親の誕生日なのです。孫から渡された誕生プレゼント(日本酒)の味はきっと格別でしょう。

それにしても高い買い物でしたが、娘が一言、、、「お母さん、楽しかったよ。」と報告していました。(^^♪

| | コメント (0)

(*/∇\*)キャ

Imgp1281 ベツを全部収穫しましたw。

今年は8月31日に、キャベツと白菜の苗を9株ずつ植えてみました。白菜はぎっしり巻きの大きなものになりました。キャベツはまあふつうの大きさかな。

今日とれたてキャベツを千切りにして食してみました。イカリングフライのつけ合わせです。炒めにんにくドレッシングをちょとかけて、甘くてうまかったあ。

Imgp1303

昨日とれたニンジンと大根は、生野菜スティックにしてみました。

マヨネーズをつけて食べたニンジンは、3つの野菜の中では、いちばん甘みを感じました。

来年は防虫ネットをして、青虫退治をすれば、虫食い穴のない白菜やキャベツに育つんだろうなあ。今年の倍は植えてみたいなあ。

| | コメント (0)

うまい根?w

Imgp1276 青の時間、、だから、、青首大根?なんちゃってw

青首大根の収穫期は来週からぐらいなんですが、試しどりをしてみました。

これが永田氏のいう「うまい根」かな?そうだったらいいのになwと思って

激写!w 液肥で育てると、このうまい根が多く見られるそうですが、どうなんでしょう?

さっそく、夕食時、家で千切り生サラダで食してみました。

σ(▼▼;):「オオーw(*゜o゜*)w、、辛くないよ、、、、甘い、かな、、うまいよ」

娘   :「ほんとだ、辛くないね~」

嫁   :「葉の部分からの太いところ半分くらいは、どの大根も辛味はないよ。うーん、ちょっと辛味あるんじゃない?」

σ(▼▼;)の思い込みか?

これから冷え込んで大根の甘みがいっそう増した1週間後に、この真相が明らかになるw。

| | コメント (0)

親ばか日誌w

Imgp1273 なんで親バカかというと、息子(キーパー)の部活チームが県大会で優勝して、嬉しい報告日記だからですw。

前回の地区大会で負けた相手に、県大会で雪辱を果たしたことになる。

σ(▼▼;)「(祝勝会から帰ってきた息子に向かって)おお、、よかったなあ、、おめでとう」と言って、ハイタッチをする。

息子「これで借りはかえしたぜ!」

σ(▼▼;)「お前、ええかっこしいだなあ~。まあ、相手の7mスローもフリーのシュートもことごとく止めたんだからなあ。かっこつけてもまあいいっかw」

確かに、これで1勝1敗の五分だなあ、、全国大会へのキップは来年の1月の頂上決戦で決まる。これでますます「少しは勉強もしろよ!」と言えなくなったわいw。

写真は今朝のとれたて野菜です。おいしそうに撮れてますねえw。ニンジンもほうれん草、もまだ早いのですが、ちょこっと抜いてみました。サニーレタスが今は旬ですね。根っこを切ったとたん、乳液がにじみ出てきましたよ~。家ではとても食べ切れませんw。

| | コメント (0)

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »