« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

2006年12月に作成された記事

♪本を売るなら、、BOOK OFF♪

Imgp1408 ということで、この土日に書斎の本棚にあった書籍を段ボール箱8個に詰め込んでおいたのです。それを今日の夜もっていきました。

ダンボール箱8個で、2,500円でした。それでもまだ、σ(▼▼;)おれの書斎は大掃除が終わりません。30日までかかりそうです。今年は徹底的に片付けて、身辺整理をしたいと思っています。理由?ただ、身辺を清めて新年を迎えたい気分なだけですw。

先週の休みに息子と「ステーキのdoN」へ行ってきました。何とお米のごはんが意外とおいしくて、息子と同じくおかわりをしてしまったw。満腹のおなかをかかえて、爪楊枝の袋に手を伸ばして、あけて見ると、、、、その写真です。

父:「おい、見てみろよ、先が黄緑色だよ、、なんだろ?」

息子「、、、、、?」

父:「(においをかいで)、、( ̄ー ̄)ニヤリッ、、、舐めてみる?」

息子「いやだよ!」

父:「舐めてみせる)、、ミントだよ、、舐めてミントわからんだろ?」

息子:「。。。。。。()o\o() ジャキジャキ (V)o\o(V)」

つまようじの先まで、アイデア商法なんですね。

|

「永田農法」研究①

Eki1800 Eki2800 写真のように、永田農法では液肥を2種類使用している。葉もの野菜用と実もの野菜用の2種類だ。800mlで1,344円というのはかなり高い。σ(▼▼;)が今年使った液肥は1種類で、JAの「くみあいトミー液肥グリーン」20L入りで3,111円でした。

来年は2年目となるので、液肥を「葉もの」と「実もの」に区別して与えてみようと思う。しかし、住友液肥は値段が高いので、それに代用する液肥を以下の条件でさがしてみた。

① 窒素、リン、カリウムの成分比が類似してること。

② 値段が手ごろなこと。

ありました、ありました(^^)、これです。

                   窒素  :  リン : カリウム

住友液肥1号(葉もの用)    15   ::   6   :   6

くみあい液肥1号         12  :  5   :   7      

(24L入り 2,764円)

住友液肥2号(実もの用)    10   : 5   :   8

くみあい液肥2号         10   : 4   :   8

(24L入り 2,679円)      

値段が安いでしょ。同じ液肥なのに、あまりに違いすぎて心配ですがw。

ちょうど、春ごろには今年買った液肥が終わりそうなので、この2種類の「くみあい液肥」を使い分けてみようかと計画中です。

|

幸せの四葉のクローバー♪

Lovepeace1 一葉…正しい母国語(日本語)を使える人
二葉…外国語を一つ以上マスターした人
三葉…生涯楽しめる音楽・芸術を身につけた人
四葉…生涯楽しめるスポーツを身につけた人

どこで聞いたのか、どの本で読んだかの忘れてしまっているけど、この幸せの4つの条件が、σ(▼▼;)の中にはいつの間にか入り込んでいる。若い頃から意識してきた気がする。漢字検定や英語検定にチャレンジしたり、絵やギターをたしなんだり、水泳はずーっと続いている。

昨夜、稲垣潤一(52)コンサートを楽しんできた。知ってる曲は「夏のクラクション」「クリスマスキャロルの頃には」「ドラマチックレイン」くらいだったけれど、ハリのある若々しいボーカルは、いまだ健在ですばらしかった。稲垣さんをはじめとして、25周年、30周年と年輪を重ねてますます元気で活躍しているアーティストが他にもたくさんいる。

その中のお一人、「さだまさし」さんの本の中にこんな文章を見つけた。

----------------------------------

コンサート終演後、

誰も立ち上がることが出来ないような、

そんな深い感動のコンサートを、

一生一度でもやれたら死んでも良い。

-----------------------------------

深い感動や感銘によって、人は動き、動かされるものねえ。

素敵な職業だなあ、と思いつつ、

兄貴のような彼らに、弟分のσ(▼▼;)としては、

「おい!まだ老け込む歳じゃないぜ、しっかりせぃ!」と

渇を入れられたような気がした一夜でした。

|

プールで泳いできました♪

Imgp1381_1 午前中に、家から車で15分のところにある屋内プールで泳いできました。クロールと平泳ぎを30分くらいゆっくり呼吸をしながら泳ぎます。若干の疲れを感じたあたりで止めて、後はサウナとジャグジー風呂でリラックスします。爽快な気分で午後を迎えて、ちょっと仮眠して、、これ贅沢なσ(▼▼;)おれの日曜日の過ごし方です。ワンコインでとても安上がりw。

「水泳」には、若い頃から、かなりの思い入れがあります。小学生のときは、夏休みは毎日学校のプールへ通いました。休み明けは、いつも黒んぼ大将でした。中学。高校もよく市民プールへ行っていました。大学時代は、宿舎の前に屋外プールがありました。夏休みのバイトの合間によく泳いでいたのですが、大学の教授や助教授もよく泳いでいました。しかも、30分~1時間くらいは平気で休まず泳ぎ続けているのです。「大学の先生たちも、机にすわって頭だけ使っているわけじゃないんだ。身体を鍛えて、どえらい体力をつけているんだ」と衝撃をうけました。30歳を過ぎてから、筋力の衰えとともに、スポーツやるたびにケガをしました。テニスではふくらはぎの筋肉断裂(全治3ヶ月)、バレーでは肉離れを2~3回。ケガのリハビリや運動不足を解消するために、常に水泳を利用してきました。海外で体調を崩したときも、プールで泳いで治しました。今でも、「ちょっと身体がだるいかな」というときは、泳いで心地よい疲労感につつまれて一晩寝るとたいがいの体調不良はよくなります。ケガをする心配のないスポーツですし、ダイエット薬品のような副作用もありません(笑)。全身の筋肉をほどよく刺激して、病気にならない体力を維持するには、とてもよい生涯スポーツのひとつです。

ああ、、ええっと、、写真の説明しなくちゃ、、、水泳とは関係ない「大粒のぎんなん」の写真です。近くのお寺の境内のイチョウの木から落ちてきます。これから年末、新年のおせち料理に、茶碗蒸しに使われますよね。σ(▼▼;)おれは、ぎんなんのカラを少し割って、茶封筒に入れてレンジで1分30秒加熱します。チンしたら皮をむいてそのまま食するぎんなんの蒸し焼きおいしいですよ。ちなみにぎんなんは、漢方薬でも珍重されて、滋養強壮、咳止め、血圧の調整に効能があるそうです。お試しあれ♪でもこのぎんなん、スーパーで買うと、60gで200円もするんだから、加工に手間隙かかるんだよね、果肉は強烈な臭さだしねw。へた皮膚にふれるとかぶれるしねw。

|

手打ちうどん講習に、、、

Imgp1382 Imgp1383 行ってきました。2時間で500gの小麦粉代他、、、一人1000円です。     ご婦人方が手打ちうどんとそばを販売している「農業開発センター」のような場所です。こちらの都合で無理をお願いして、娘と二人で習ってきました。                                             

                                                      手打ちうどんの先生は5人(ご婦人方)もいらっしゃるので、それはもうたいへん、、wどっちの先生の話にうなずいたらいいのか、、おしゃべり好きなお姉さん方wでした。

うどんの色をよくみてください。ちょっと黒いでしょ?小麦粉を石臼でひいてあるので、「ふすま」が入っています。(お米で言えば、「米ぬか」のこと) 我が家のうどんの食べ方は、「おとうじ」と言いまして、茹でて冷水でしめたうどんを、具沢山の野菜が入った熱い汁でいただきます。                                                              毎日打っているプロの人から習うと、やはり手打ちのポイントがわかります。今回はそれを習得したくて行ってきたのです。いや~、ほんとにいい勉強になりました。技は引き継ぐもの、盗むもの、、ですねえ~。いただいたレシピを自分なりに手直ししたレシピを公開してみましょう。誰かの役に立つのだろうか?これでしばらくは、このレシピで打ちながらマスターしていきたいですね~。人様に食べてもらえるようになったら、、次は「蕎麦」を習いに行こうっとw。  

「ユメセイキ」小麦粉の手打ちうどんの作り方

材料(4~5人分) 小麦粉(ユメセイキ) 500g

          水かぬるま湯     230cc

          塩           30g(大さじ2)

          米粉(打ち粉)

作り方 

1 水に塩を入れてよく溶かす。

2 粉に1を3回に分けて水加減をみながら調節する。

          130cc入れる そぼろ状になるように、よく混ぜる。

          50cc入れる。

          少し残して最終調節をする。

3 まとめてビニール袋(つけもの袋)に入れて、踏んで伸ばす。

4 折り重ね部分に空気が入らないように、3つ折にしてまとめ、また踏み伸ばすを3回繰り返した後、ビニール袋の中で、15分~1時間ねかす。

5 薄く板と、うどん生地に打ち粉をして、麺棒で暑さ2~4mm(50cm×50cm)の正方形に伸ばす。

6 重ね合わせ部分に十分打ち粉をして、屏風だたみに折、3~4mmの幅に切る。

7 切った部分にも打ち粉がつくように、よくふる。

ゆで方

1 沸騰したたっぷりの湯(麺100gに湯1リットル)に麺をいれ、麺が浮き上がったら軽くときほぐす。ふきこぼれそうになったら、刺し水はしないで、火を弱める。約10~12分ゆでる。

2 芯が残っていないか。塩気が残っていないか。芯があれば、塩気があれば、なくなるまでゆでる。

3 ゆであがったら冷水にさらして、ぬめりをとる。

4 ゆで湯は、どんぶりに入れて、かまゆでうどんにしてもよい。

                                                                                                                                                                                                                                                                

|

あまさん♪

Imgp1379 ふつうのみかんに見えるかもしれませんが、沖縄から送られてきた「あまさん」と呼ばれているみかんです。生産数が少ないらしく、一般に出回るまでにはいたっていないようです。

オレンジと「たんかん」か何かのかけ合わせのようですが、詳しくはわかりません。味は、、、

甘いです、、、そのまんまだあw。ええとですね、特徴は、皮がとてもの薄いです。ミズミズシイ甘い果肉がぎっしり詰まっている感じですね。

毎年知人宅から10個送られてくるこの「あまさん」は、我が家では大人気。貴重なみかんなので、ありがたくいただいています。

ノロウィルスが猛威をふるっていますね~。奴は暖冬になると暴れん坊将軍になるような気がするw。ビタミンCをタップリとって、うがいと手洗いの励行がいちばんですね♪

 この週末は、仕事が少し入るけど、「手打ちうどん」の修行に行ってこようと計画中。この冬、お金と時間をかけてマスターしようとしています♪

|

大根のビール漬けw

Imgp1355_2 Imgp1361

                                                                                                                    ピリ辛甘な味です。漬けこんでから5日目なので、あと二日後に、も一度味見をしようかな。もう少し漬かってから、職場の昼食時の漬物に出してみようかと思います。

「さて、ここで問題です。この大根はみなさんが大好きなある物を使って漬けてあります。そのある物とはいったい何でしょう?」などともったいぶって出すと、うけるかしらんw。

農業雑誌にレシピが載ってましてね、冬場の漬物でいちばん人気だって、、w。

ビールで漬けるってのがまずユニークだなあっと、畑に残った4本の大根を漬けてみたわけです。

【大根のビール漬け】

①大根(5Kg)の皮をむき、縦に半分に切る。

②ビール(700ml)に砂糖(600g)、酢(1合)、練りからし(60g)を混ぜ合わせる。

③大根を入れて、蓋をして、漬物石をのせる。

④5日目くらいから食べられます。

ちなみに雑誌名は「ながの農業と生活」(500円)です。とうとうσ(▼▼;)もいっぱしのローカルなお百姓になっておりますw。

|

冬の「ラディッシュ」

Imgp1358_2 ←赤と緑のコントラストは、まるで、天然のクリスマスカラーのようです。

|

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »