« 幸せの四葉のクローバー♪ | トップページ | ♪本を売るなら、、BOOK OFF♪ »

「永田農法」研究①

Eki1800 Eki2800 写真のように、永田農法では液肥を2種類使用している。葉もの野菜用と実もの野菜用の2種類だ。800mlで1,344円というのはかなり高い。σ(▼▼;)が今年使った液肥は1種類で、JAの「くみあいトミー液肥グリーン」20L入りで3,111円でした。

来年は2年目となるので、液肥を「葉もの」と「実もの」に区別して与えてみようと思う。しかし、住友液肥は値段が高いので、それに代用する液肥を以下の条件でさがしてみた。

① 窒素、リン、カリウムの成分比が類似してること。

② 値段が手ごろなこと。

ありました、ありました(^^)、これです。

                   窒素  :  リン : カリウム

住友液肥1号(葉もの用)    15   ::   6   :   6

くみあい液肥1号         12  :  5   :   7      

(24L入り 2,764円)

住友液肥2号(実もの用)    10   : 5   :   8

くみあい液肥2号         10   : 4   :   8

(24L入り 2,679円)      

値段が安いでしょ。同じ液肥なのに、あまりに違いすぎて心配ですがw。

ちょうど、春ごろには今年買った液肥が終わりそうなので、この2種類の「くみあい液肥」を使い分けてみようかと計画中です。

|

« 幸せの四葉のクローバー♪ | トップページ | ♪本を売るなら、、BOOK OFF♪ »

おいしい野菜をつくろう」カテゴリの記事