« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »

2007年2月に作成された記事

大人のライブハウス遊び♪

Live http://www.amazon.co.jp/gp/product/4118801736/ref=wl_it_dp/503-6099665-1955965?ie=UTF8&coliid=I3GAMUTV8RIFLI&colid=10QEUVEMVSYKF

「こんな遊びをしたいな~」と思っていたタイトルに惹きつけられて、平安堂で入手した本です。

一気に読みました。一度、ライブハウス、スタジオを借り切って催し物をしてみたいな~。こじんまりとでいいから、やってみたいなあ。こういう遊びこそぜいたくでいいよねー。「念ずれば花開く」だろうか?

|

フランスパン、、、焼いてみたのはいいけれどw

Garic ガーリックの粉末がなかったので、ガーリックフランスになりませんでしたw。

強力粉と薄力粉の配合だけなので、表面はカリカリのフランスパン生地の皮になるのですが、中身は普通のパン生地です。

フランスパン専用の粉を使わないと、それらしくならないのでしょうかねえ。

でも、見た目と、パンの皮だけはフランスパンになりましたああ。味も、そこそこ、、かなw。

今日のσ(▼▼;)おれの昼食は、 「うまいのに~ぃ、、どうして誰も食べないのぅ?」と言いながら、このパンを4個食べました。。。w。自己責任ということでしょうかw。(キ▼д▼;)トホホ・・

|

この日常、、、

N036  仕事帰りにスーパーに寄って、煮込みラーメンを買っていたら、知人に会って立ち話を30分もしてしまった。その後、DVDを借りようとレンタルショップの駐車場で車から出たら、知人に出くわして、これまた立ち話を30分もしてしまったw。結局、煮込みラーメンを買っただけだった。我が家のラーメン党は、息子とσ(▼▼;)おれだけなので、食べたいときは、自分で買ってきますw。

 秋、冬限定で発売されるこのラーメンは、野菜をたっぷり入れて食すラーメン好きには人気商品だと思われます。前に販売されていた、「こがしにんにく味」が一番好きだったのですが、もうないので、自分ですりおろしにんにくを入れて食しています。

 今週はディスクトップPCがとうとう動かなくなり、デジカメも故障したので、10時開店をみはからって、修理に持っていかなくては、、、。 機械は2、3年もすると故障するので、メンテナンスが必要ですね。人間も毎年ドッグにかかる必要あるよねえ、ここ数年さぼってしまった人間ドックを、あわてて3月に入れた。自覚症状はないけど、結果はいつもよくないので、こわいww。

 祖母の四十九日と納骨もこの休みにやることになっている。お坊様を迎えにいかなくては、、、。日常の中で、いろいろなことが過ぎていく、、。時間があれば、ガーリックフランスでも焼きたいなあw。(家族からの影の声:「お父さんはパン屋じゃなでしょ!」)

|

明日の記憶、、、、DVD

Img http://www.ashitanokioku.jp/

 渡辺 謙も樋口可南子も、俺の好きな俳優さんなので、今朝一気に視聴しました。

若年性アルツハイマー病を扱った作品です。仕事、家族、病、老い、、、身につまされることが多い。

この土日も休みなく働いている自分としては、仕事にすり減らされない自分になること、要するに、仕事を自分の肥やしとすることを、再認識させてくれた作品でした。

 昨日の仕事の帰りも、疲れていたので、プールに寄ってwww、、ジャグジー風呂の中でウトウトしてましたwwww。仕事以外の楽しみのを見つけ出す天才かもww。

|

「手打ち」という名の「手抜きうどん」②

Imgp1450 Imgp1451 Imgp1452

「手抜きうどん」の作り方(パスタマシンで、「もみ込み・伸ばし・カット」をする)

材料(4~5人分)

 小麦粉(ユメセイキ) 500g、水かぬるま湯     230cc、塩 30g(大さじ2)、米粉(打ち粉)

作り方 

1 水に塩を入れてよく溶かす。

2 粉に1を3回に分けて水加減をみながら調節する。

     130cc入れる そぼろ状になるように、よく混ぜる。②50cc入れる。③少し残して最終調節をする。

3 まとめてビニール袋(つけもの袋)に入れて、踏んで伸ばす。

4 折り重ね部分に空気が入らないように、3つ折にしてまとめ、また踏み伸ばすを3回繰り返した後、ビニール袋の中で、15分~1時間ねかす。

5 生地を250グラムずつ、2つに切り分ける。

6 麺棒で厚さ8mm(マシンに入る厚さ)に伸ばす。

7 マシンのローラーメモリ1で、ゆっくり伸ばし、半分に折って並べておく。

8 二つ折りにした折り目からローラーに差し込んで伸ばす作業を6回繰り返す。(もみ込み)

9 ローラーのメモリ2でゆっくり伸ばす。(伸ばし)

10 適当な長さで切って両面にしっかり打ち粉をする。

11 幅広のカッターで切る。(カット)

12 一回ごとに打ち粉をふる。

ゆで方

1 沸騰したたっぷりの湯(麺100gに湯1リットル)に麺をいれ、麺が浮き上がったら軽くときほぐす。ふきこぼれそうになったら、刺し水はしないで、火を弱める。約10~12分ゆでる。

2 芯が残っていないか。塩気が残っていないか。芯があれば、塩気があれば、なくなるまでゆでる。

3 ゆであがったら冷水にさらして、ぬめりをとる。

煮込みうどんのだし汁の作り方

(材料)

水 1L、昆布 10g、混合削り節 10g、花がつお 40g、しょうゆ 50ml、砂糖 小さじ 1

(つくり方)

     鍋に分量の水を入れて、昆布を30分以上つけておく。弱めの中火で、沸騰直前に昆布を取り出す。

     弱火にして、混合削り節、花がつおを入れる。煮立たない火加減で、10分にる。

     火を止めて、ふきんを敷いたザルに通してこす。花鰹を絞る。

     できた汁に、しょうゆ50mlと砂糖小さじ1を加えて一煮する。

田舎風煮込みうどん

〔材料〕(6人分)

うどん(生)…900g、白菜…3枚、大根…300g

ごぼう…150g、青ねぎ、油あげ…3枚、

だし汁…12カップ、みそ…150g

(作り方)

1 白菜はたべやすい大きさに

  大根は3,4mm幅のいちょう切り

  ごぼうはささがきにして、あく抜きをしておく。

  あぶらげは、2,3mm幅に切る

2 なべにだし汁と1の野菜とあぶらげ、赤唐辛子を入れて、ふたをして火にかける。

3 沸騰したら、ふたをとり、こぼれない程度の火加減にする。

4 野菜が煮える時間をみて、うどんを少し硬めにゆでて、水気をきって、3に加える。

強火にして、味噌をときいれて、一煮立ちさせて火をとめて、ねぎを散らす。

※ どこが「手抜き」なのかと言うと、「パスタマシン」を使って伸ばしや麺切りをしているからです。今回の麺は、かなり満足のいく出来でした。「味」「こし」「つや」は、今までで一番でした。

 σ(▼▼;)おれは、面食い、、じゃなかった、、、麺食いなので、特に昼飯などは、コンビニのおにぎりとカップラーメンでご機嫌に済ませてしまうほどです。

 今回のおにぎりは、ご飯に甘い小梅とすっぱい小梅のカリカリ漬けをみじん切りにしてまぶしました。さらに、スパムを焼いて軍艦巻きにしてあります。とても食欲をそそるおにぎりになりましたw。

 うどんの方は、麺の出来上がりが安定してきたので、出汁と「かえし」を研究しよう。それから、どんな種類の「うどんレシピ」を作っていくか考えていこう。

|

「手打ち」という名の「手抜きうどん」①

Imgp1446 Imgp1447

煮込みうどんつゆの作り方

(材料)

水 1L

昆布    10g

混合削り節 10g

花がつお  40g

しょうゆ  50ml

砂糖    小さじ 1

(つくり方)

          鍋に分量の水を入れて、昆布を30分以上つけておく。弱めの中火で、沸騰直前に昆布を取り出す。

          弱火にして、混合削り節、花がつおを入れる。煮立たない火加減で、10分にる。

          火を止めて、ふきんを敷いたザルに通してこす。花鰹を絞る。

          できた汁に、しょうゆ50mlと砂糖小さじ1を加えて一煮する。

※だし汁は、昆布とかつお節からとってみました。

|

骨盤の話、、、、

Htbookcoverimage 30代の頃、テニスで腰を痛めてから「整体」治療を受けた。以来「整体」に興味をもっている。寺門氏は、田口ランディさんとの共著等があり、「こころと身体」の健康に造詣が深い人だ。

本屋で見かけたこの本を、さっそく連休に読んだ。今の自分の身体の状態にあてはめてみた。①骨盤のゆがみをニュートラルに調整すること。②肩甲骨のゆがみをニュートラルに調整すること。この二点にとりくむ必要を感じた。そこで、風呂上りに簡単にできるストレッチ体操が紹介されているので、さっそく取り入れている。いい感じ、、である。

とてもわかりやすい内容で、説得力がある文章表現だ。男女を問わず、何らかの身体の不調を感じている人は多いと思う。整体に基づいた理論を受け入れられる人には、バイブル的な本である。

久々の休みだったので、DVDも視聴したかったが、お目当てのDVDがレンタル中だった。次の休みに紹介しますw。

|

« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »