« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2008年6月に作成された記事

トマトが水に沈んだ日、、、、

Tomotosizumu Tonmatnaka 今年初収穫のフルーツトマト(大)を、水に入れてみた。

何と、初めて水に沈んだではないかw。やったあ!

半分に切って中身を見た。いい感じでぎっしり詰まった感じ?w

食べてみた。おいしい。甘くて酸味もある。なるべく液肥と水を少なめに、雨よけハウスも設置してきた。その成果だろうか?昨年との違いは、もうひとつ、「ほとんど毎日トマトのお世話をしている」ことだ。

そうか、「箱入り娘」ならぬ「箱入りトマト」だから、おいしいんだな^^。

この土日、朝から出勤です。疲れが抜けず、つらいです(^^;)

| | コメント (0)

3ヶ月かかったキャベツ、、、

Kyabetu 2個収穫しました。春キャベツは初めてだったので、試験的に3月28日に3苗植えたものです。通常は60日で収穫のようですが、90日かかりました。理由は、、、わかりません。やわからくて、いいキャベツになりました。

人参もかなり太くなってます。通常は種まき後、100日前後が目安のようなので、7月上旬に収穫しようと思います。

ナスは浅漬けにして、食べました。おいしいですぅ。

| | コメント (0)

沖縄ん漬け、、、

Okinawanzuke 見事に漬かりましたぞ。

味は、、、、黒糖の甘味がほのかに残ります。σ(▼▼;)は黒砂糖好きなのでいいですが、苦手な方には酷かなあ^^。

初物の長ナス、水ナス、ピーマンです。

梅雨の晴れ間に、やらなければいけないことがたくさんあるのに、今日は終日出張で、畑のことは何もできません。困ったもんだ。

Nasutopiman

| | コメント (0)

丹波の黒豆、、、、

Kuromame ミニトマトと共生させて育てている「丹波笹山の黒豆」です。苗から植えたものです。

20cmくらい育ったところで、摘心してみました。そうしたらこの通り、見事に枝分かれして、「枝豆」らしくなってます。全体に、枝豆よりは大ぶりな感じです。

相変わらずわが家食卓には、煮豆(黒豆)が出ています。自家製の黒豆を食べられる日を待ち望んでいます^^。

| | コメント (0)

大根の沖縄ん漬け、、ww

Daikon Daikontukemono 春に植えた「サラダ大根」が数本畑に残ってしまった。秋大根の場合は、ここ数年、漬物にしてきた。春大根の漬物は、初めての試みとなる。大根自体は、いい大根でしょ?写真参照^^。

家にあるものでやってみよう。沖縄の実家から送られてくる「黒砂糖」と「泡盛焼酎」を使ってみたい。ネットで調べると、黒砂糖漬けなるものが、沖縄であるようだ。パックったろ~^^。ネーミングも勝手につけてみました。

では、レシピです。

材料:大根(1,5Kg)、黒砂糖(150g)、泡盛(80cc)、酢(80cc)、塩(30g)

①大きめの漬物タッパーに、漬物袋をしく。

②大根の皮をむいて、縦に半分に切ったものを並べいれる。

③黒砂糖は、細かにして入れる、泡盛、酢を加え、塩をまぶす。

④漬物重石(約8kg)をのせて、冷蔵庫(野菜室)に保管する。

17日(火)に漬け込んだので、明日金曜日に味見してみよかと思います^^。

| | コメント (0)

トマトの気持ち、、、

Tomato 6月中旬のトマトの生育は順調です。(11株)

ウィルスにやられた4株の後に植えた、レッドオーレも順調に育ってます。

値段の上では、いちばん高値のルビーノの一段目の果実です。ミディアムサイズのトマトなで、このくらいの大きさで赤くなるのでしょう。トマトの元気のよさは、ヘタを見るとわかるそうです。ピンと張りのあるヘタならば、元気な証拠です。

人間も、気持ちとお肌に「張り」を失くしてはいけませんな。明日の日曜もフルタイムの仕事だけれど、がんばろっと^^。

| | コメント (0)

まさに名湯、、、、

Onsen_2  仕事帰りに寄れる温泉でも、この温泉はまさに名湯、秘湯の部類にはいると思います。昨日、仕事帰りに寄ってきました。疲れとれましたよ^^。

泉質は、有色不透明です。赤銅色の温泉です。少ししょっぱくて、鉄の味がします^^。まさに、温泉そのものという感じです。

その成分が注目されて、全国的にもリハビリなどで有名になりつつあります。夜の10時まで、外来客が利用できるのがいいです。しかし、レストランは宿泊客しか利用できません。ヾ(--;)ぉぃぉぃ

入浴料500円は高いので、気楽に利用できる値段ではないですが、リハビリにw、、利用したいと思います。このへん何とかしてください、関係者の方々にお願いします。

とにかく、名湯ですぞ。

http://www.matusirosou.com/index.php

写真は、読売新聞朝刊の記事(6月7日付)

| | コメント (0)

あなたは、にんじんをマルかじり

Ninjin01 してみた経験がありますか? σ(▼▼;)は今日その経験をしてみました。まだ収穫には1ヶ月も前なので、細いにんじんなのですが、、、

色も香りもよい。味は、、、、、えぐみがない、、、美味しいgood、、、

もぐらの襲撃を受けながらも、うまい人参になりつつある。

このベターリッチという人参は、発芽するのに2週間かかっている。人参は乾燥させてはいけないので、水やりがむずかしい。少水少肥料を基本としている永田農法からすれば、まさに人参の表情をうかがいならがの水やりになる。

写真のように、葉もしっかりしており、これから太くなっていく。今のところ順調にきているな^^。

実は、数年前に、カラオケスナックで、冷えた生人参スティックを食べた。その人参が新鮮で甘かったこと。いまだに、あの食感が忘れられない。いつか、自分で育てた人参で、味わってみたいと思っている。今年の人参は、その味に一番近づくかもしれない^^。

| | コメント (0)

6月の農園、、、

 梅雨に入って、雨が降るたびにどんどん野菜と雑草が生長していきます^^。

 わが農園も、今週は大根(サラダ大根)が旬です。そのまま、短冊切りにして、サラダドレッシングでいただきます。美味しいですよ。

 先日、にんじんの畝に「もぐら」が出没して大暴れしていきました。もぐらは、ミミズや虫しか食べないのですが、土の中が空洞化してしまって、にんじんが枯れてしまいます。もぐらの通ったあとを、しっかり踏みしめて穴をふさぎましたが、にんじんの出来にどう影響するでしょうか。にんじんは、これから太り始めます。

 自然が相手だと、思わぬハプニングが起こります。ですから、毎日、野菜の表情を見に出かけるのが大事なのですね。そうしているうちに、野菜が元気が、元気でないか、病気にかかっていないか、、、野菜の気持ちがわかるように、、、、、、なるかもw^^。

 きっと農業のプロの方は、野菜の気持ちがわかるのでしょう。

6gatunoen

| | コメント (2)

森の中のクラフトフェア、、、

Kurafuto sunとってもいいお天気でした。仕事を午前中に終わらせて、昼飯も食べずに電車に飛び乗り、須坂駅で降りて、歩いて30分かかりましたsweat01。臥竜公園のちょい先にある「アートパーク」に行ってきました。先日行った松本クラフトに比べたら、小規模でしたが、見るだけでも楽しかったです。

Tapecutter テープカッターを買いました。カッターの部分も固い黒檀を使っています。どうやらσ(▼▼;)は、手作り木工製品に興味・関心があるみたいですね^^。個人的には、音楽的な作品を求めています。♪やト音記号や楽器などをあしらったアクセサリー製品がほしかったのですが、まだめぐりあえていません。(自分で作ってみろよ、って言われそう(^^;)

| | コメント (0)

眠気覚ましの、、、

Yasai ショッピングゥ~ッ! てことで、仕事帰りに農協と高速のサービスエリアに寄って、旬の野菜を買ってきましたぞ。

イチゴとトマト、大きなニンニク。そして、旬の「根曲がり竹」。このタケノコは北信濃の特産品です。

タケノコ汁にすると絶品。何故か「さばの缶詰」を入れた味噌汁と相性がいいのです。σ(▼▼;)おれも大好きなタケノコ汁です。

買い物したおかげで、居眠り運転せずに家路に着きました。

| | コメント (0)

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »