« 神々しい戸隠奥社の杉並木、、 | トップページ | シモネタ、、、 »

万願寺とうがらし、、、を食す

Mangan 梅雨が開け、本格的な夏の到来!

猛暑になろうが、日本列島がヒートアップしようが、σ(▼▼;)の仕事量が減るわけでもなく、猛暑手当てが出るわけでもないのです、、w

年々猛暑化する夏を乗り切るには、自分の健康管理に気を配るしかないのですね。

今年初めて、「万願寺とうがらし」という夏野菜を育てて食してみました(写真参照)。とうがらし、、なのですが、辛味はないです。「夏野菜を食べてる!」という食感で、美味いです。

食べ方は、いたってシンプルです。

①オーブントースターで、ちょっと焦げ目がつくまで焼く。

②1センチ間隔くらいに切る。

③お好み量のかつおぶしをふりかけ、醤油を少したらして食す。

「旬の味」こそ、元気の源ですね。お試しあれ^^。

|

« 神々しい戸隠奥社の杉並木、、 | トップページ | シモネタ、、、 »

「旬」の食」カテゴリの記事

コメント

返事遅くなってごめんなさい

ありがとう

なすに”ふう虫”がたくさんついてね

ご~やは元気なんですが^^

作って 使います、ありがとう(*^_^*)

投稿: sストロベリー | 2008年8月 5日 (火) 00時42分

ストロベリーさん、、

自然農薬(元気丸)と呼んでます^^

①木(竹)酢液1Lにニンニクのかたまり(球根)3分の1を入れる。

②25度の焼酎1Lに鷹の爪1本の5分の1を入れる。

①と②はそれぞれに保管しておきます。σ(▼▼;)はアバウトに作ってます。にんにくも鷹の爪も、もっと多く入れてますし、なんじんだらすぐ使ってました。もう4年になりますが、まだ終わりませんw。


使うときは、水3Lに各10ml入れて混ぜて,週1回ほど散布します。

大事なことは、殺菌・殺虫剤ではないので、病気や害虫が発生してから散布しても、退治はできません。

あくまでも、病害虫の被害を軽減するものです。
σ(▼▼;)が効果があった事例は、枝豆のかめ虫被害の軽減、とうもろこしの害虫軽減でした。アブラムシの軽減にもなってます。

ためしてみて、がってん^^

投稿: Ngano_Ken | 2008年7月30日 (水) 17時13分

おいしそうですね^^

いろんな夏野菜楽しみたいですね


この前言っていた、

竹酢に唐辛子いれる・・っての

竹酢どの位に唐辛子どのくらい?
そして・・どのくらい漬けておくの?

教えてくださいm(__)m

投稿: ストロベリー | 2008年7月28日 (月) 00時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 神々しい戸隠奥社の杉並木、、 | トップページ | シモネタ、、、 »