« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月に作成された記事

新宿恋物語

新宿恋物語

話の始めは 新宿通り 伊勢丹前の曲がり角 
歩行者天国の 人波の中で 
出会いがしらに あいつと触れた
ほんのはずみで その細い肩に 
何故だか 惹かれて しまったのでした・・・

話は続いて 角はずあたり 三越裏のカフェテラス
小さなテーブルに さし向かいで 
身の上話に 涙が落ちた・・・

午前中は、早朝からずっと外作業でした。疲れきって帰宅。仮眠をとりました。

起きてさっそく博堂さんの覚えたての曲を録音してみました。

これから理髪店に行ってきます。こんな日曜の午後です^^。

作詞/藤 公之介 作曲/大塚博堂

| | コメント (2)

季節の中に埋もれて、、、

季節の中に埋もれて

/詞:藤公之介/ 曲:大塚博堂

耳に押しあてた 電話の向こうで

どこか寂しげに うるんだ

きみの声がする

ぼくだと気づいて きみは声を呑み

他人行儀なあいさつで

黙ってしまう

きみと別れて ぼくは

自由になれたと思いちがいをしてたよ

きみなしでは 何ひとつ

出来はしないくせに

何か言ってくれ こみ上げてしまう

きみはあれから幸せか

泣いてはいないか…

※大塚博堂さん、初登場^^。

σ(▼▼;)が社会人1年目のとき、10歳上の先輩の書斎で

聞かされたのが、この博堂さんのアルバム曲でした。

いい曲だなあ、渋い歌声、大人の歌だなぁ、、、と

その先輩は、当時のカセットテープにダビングしてくれた。

その先輩も、今は亡き人となっている。当時を思い出して、、切なくなります。

実は、博堂さんも、佳人薄命な方です。32歳の遅咲きデビューされて、37歳、脳内出血で亡くなられました。5年間という短い活動期間で、多くのファンの心をつかむ作品を残し、ライブをされた方です。

| | コメント (3)

MONEY,,,,

      MONEY      作詞/作曲 浜田省吾

この町のメインストリート 僅か数百メートル
さびれた映画館と バーが5、6軒
ハイスクール出た奴等は 次の朝 バッグを抱えて出てゆく
兄貴は消えちまった 親父のかわりに
油にまみれて 俺を育てた
奴は自分の夢 俺に背負わせて 心ごまかしているのさ

Money,Money makes him crazy
Money,Money changes everything
いつか奴等の 足下にBIGMONEY 叩きつけてやる


彼女は夢見てる 華やかなMOVIE STAR …

※ 久しぶりに浜省の曲、、、。

ガットギターの練習しなくちゃいけないのに、弾語りしてました(^^;)

| | コメント (0)

笑顔同封、、、、

笑顔同封

作詩・作曲 : さだまさし

	あなたからバースディカードの
	お返しにと届いた手紙
	ありがとうを三回だけの
	とても短い手紙
	何度もくり返し読み返し乍ら
	あなたの懐しい文字指でたどる
	封を切ったなら	こぼれる日射し
	あなたは相変らず	手紙にまで
	笑顔同封…

    
    
    
    
    

  初期のさださんの作品は、研ぎ澄まされた若々しさがあります。
雨の日曜日でした。土曜日に農園に行って、秋じゃがの種芋(33個)を植えてよかった^^。今年初めて育てたポップコーンが、何とカラスに食べられるという珍事にみまわれたので、大ぶりのコーンを収穫してしまいました。本当は、枯れるまでそのままにしておきたかったのですが、
残りのコーンをそのまま枯らそう、、、。あのね、、キャラメルコーンを自分で作ってみたいのです(^^;)
これから軒下に乾燥させるから、11月か12月頃が食べ頃ですねえ。
  AkijgatanePop_2

| | コメント (2)

夏の終わり、、、

秋じゃが(出島)を3Kg購入したので、2畝起こしました。豆トラをかけて、クワとレーキでやるちょっとした重作業です。珪酸カルシウムをまいた畝が1枚目、レーキで平らにしたの畝が2枚目。

Unekeikaru Unereki この土日に、種芋を植えて、11月中旬には収穫できるだろう。秋じゃがの植え方の注意点は、種芋を切らずに、1個ずつ植えることです。←ここがポイントね^^。

昨年は半分に切って植えたため、発芽が極端にわるかったのです。反省を活かさないといけません。

さて、夏場のネギは生長はゆるやかですが、しっかり養分を蓄えて秋にそなえているんだと思います。わが農園には、3種類のネギが育っています。

Shomonita Hakucho Akanegi 1枚目は、下仁田ネギです。太くて甘いネギになるはずです。

2枚目は、白鳥ネギです。下仁田ネギと1本ネギの掛け合わせです。長くて太いネギになるはずです。

3本目は赤ネギ。茨城産の薬味ネギです。血液サラサラ効果があるとか?

このネギも11月~12月には収穫期を迎えます。σ(▼▼;)はネギ作りは上手でないのですが、今年は土寄せのタイミングに気をつけながら、何とかここまで育ててきました。

夏が終わり、秋作に向けて始動しました。今朝は少しバテました。水分補給に気をつけてやならいと命とりになります。いや、冗談抜きの話です(^^;)。

岡山の大森さんから、先日丁寧なお電話を直接いただきました。

お一人であれだけがんばっておられる孝蔵ファンの方が、ご自身のHPを閉鎖されたのは残念でなりません。いろいろな雑音を耳にすることに疲れてしまわれたようです。

それにしても、ネットの匿名性を利用して、特定者を複数で中傷・誹謗することがまかり通るような某コミュニティー掲示板の程度の低さには唖然とするだけです。

| | コメント (0)

基礎・基本の重み

Classic 自分勝手にフォークギターをかき鳴らしてくると、あるレベル以上の上達ができない。そのレベルもかなり低い。練習しようにも、どういう練習があるのかわからない。音楽の基礎・基本もしっかりやっておかないと、自己練習もままならないし、さらに幅広く音楽を楽しむことはできないなって感じるようになったこの夏。

 この教本を使って、ドレミから練習します。自己流は行き詰るので、専門の方からも教えてもらいます。目標は、孝蔵さんや省吾さんのしっかりした弾語り伴奏のみならず、インストまでできるように、、、、3年~5年はかかるかなあ、長~い目でみてください、、毎日2時間練習できれば早くて3年らしい、、、でも、、そんな時間もないわ。崖の上のポニョ、じゃなかった、崖っぷちのおっさん、、だからねw、、ただひらすら、幼稚園児のようにおけいこ、おけいこ、、です^^。

ギター練習の記録をとっていくと、自分の励みになるのでね。自分のための録音アップですので、聞くようなものでもないです。ただ悪戦苦闘の様子は、年配の方には共感を得るかもw(^^;)

| | コメント (0)

簡単なおやつ、、

Sweet 日帰りの人間ドッグに行ってきました。昨夜の夕食後から飲まず食わずは、この暑い中大変でした。

おかげで、体重は63.2kgと、この20年間の中で最軽量を記録してしまった。血液検査など、深刻なマイナス結果はないものの、引き続き体重の増加やメタボ、糖尿病の予防に気をつかわないといけない年代には変わりありません。

もう、帰宅してから、空腹でクラクラしたので、3時のおやつを作ってみました。(←小学生かよ^^)

簡単なおやつ、デザートです。

①シュガーコーン(ケロッグが好き^^)を用意します。
②ブルガリアヨーグルト(プレーン)&パイナップル缶&ナタデココを混ぜて冷蔵庫で冷やしておきます。 (注:シロップは全部捨てます)

パフェグラスに①をいれて、②をその上にかけてできあがり。

これは、わが息子も好きなデザートです。お試しあれ。

| | コメント (0)

天下一品の「ホットケーキ」

Jujiya Hotcake Ideyucafe を食しに、何と高速道を2時間も走らせて行ってきました。

場所は、信州の南、阿智村にある昼神温泉です。

「十字屋」という喫茶店のホットケーキが絶品です。10数年前に、飯田の近くに4年ほど家族で住んでいました。まだ、娘が3歳くらいの時のことです。彼女の記憶では、大きくて、とってもおいしいホットケーキを食べた、、、、そのホットケーキをまた食べてみたい、、w。

父親としては、その願いを叶えるために、一大奮起して、このホットケーキを求めて、昼神温泉まで車をとばしました。

娘 「とってもおいしかったぁ^^(連呼)」 

嫁 「3時間もかけて来たかいがあったねえ^^」

σ(▼▼;) 「いで湯珈琲」(写真3枚目)もおいしかったです。

夏の日のロングドライブ、、娘と嫁には喜んでもらえたようで、、よかったです^^。

| | コメント (1)

午前3時、、、

3ji 孝蔵さんの曲に、「午前零時」がありますが、それとは全く関係ありません(^^;)

σ(▼▼;)は毎朝、午前3時から4時の間に起きます。超早起き人間かもw。しかし、新聞配達や牛乳配達をしているわけではありません。

朝起きたら、窓を開けて、外の清新な空気を取り入れます。

バケツに水をくんで、ぞうきんを固く絞ります。

自分の書斎、廊下、階段のぞうきんがけを、四つんばいになってします。

その間、約15分ですが、うっすらと汗がにじんで、身体が目覚めます。

終わった後は、マグカップにたっぷりの淹れたての珈琲を2杯いただきます。

これが、σ(▼▼;)流の朝の儀式です。このあと、今日の仕事の準備や段取りをします。5時には、畑に立っているときもありますし^^。職場に着くころには、もうギアはすでにトップに入っています^^。

身の回りを磨くことは、自分の心の汚れを落とすことでもあります。掃除の哲学をもてるようになると、自分の磨き方、人生の心得までに発展していきます。

まあ、むずかしいことはさておき、簡単なことを言えば、

「身の回りの掃除ひとつできない奴を、σ(▼▼;)は人として信用するわけにはいかないなあ」

、こういうことになりますかねえ^^。

机の上が乱雑に書類の山になっている人に、大事な書類を渡したら、失くされてしまうような気になりませんか?おっと、仕事にからむのはこの程度にしておこっとw。

| | コメント (0)

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »