« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年11月に作成された記事

クリスマスソング、、、です^^

クリスマスシーズンになると、決まって頭の中をグルグルと駆け巡るのが、この曲です。ブログをご覧の皆さんにもあるんじゃないかなあ、そういうクリスマスソングが。皆さんの曲を、教えてくださいね^^。

さて、この曲は、遠くなってしまった人への想いが、切なく甦ってくるんですよねえ。顔で笑って、心で泣いて、浪花節だよ人生は、って、、やっぱり、オヤジだなあσ(▼▼;)。

(画像は、南長野運動公園のイルミネーションが中心です。弾語り曲は、『ミッドナイト フライト ~ ひとりぼっちのクリスマス・イブ ~』 浜田省吾さんの曲です。

| | コメント (4)

4ヶ月になります^^

Toresmodel だれが妊娠4ヶ月やねんw。。チャウ(・_・ 三・_・)チャウ、、、子作りは、とうに終わってますってばぁ(^^;)

8月1日から始めたガットギターレッスンのことですよ。最初、ドレミファも満足に弾けなかったんだよなぁ。

あれから、毎週水曜日の夜、1時間のレッスンを休まず続けてきました。自分では上達している自覚はあまりないのですが、スタート時点と比べると、上達していることは明らかです。

音階練習を、メトロノームを使って100~112くらいの速さで正確にできるようになってきました。

ガットギターをナビゲートしてくださっている先生から、一応合格をもらえた練習曲も何曲か仕上がってきました。

継続することが大事なことであって、歩みは遅くても確実に身についていきます。それが一番嬉しいことかなあ。

今日の先生との会話:

先生「12月のレッスンどうしましょう?31日の大晦日は水曜日なんですが、どうします?」

σ(▼▼;)「31日は、お休みにしたいです(^^;)」

先生「そうですかあ。私はやってもいいんですが。じゃあ、クリスマス前後か、正月に代替のレッスン日を入れましょうね」

σ(▼▼;)「はい、お願いします(σ(▼▼;)の影の声「代替入れなくもいいのにww)」

熱意のある先生に支えられているので、がんばれます。でも、この教室は、おじさん、おばさんは、月謝が最安値なのよねえ。なんだか、悪くてねえ。

そうだ、来月は、先生にお歳暮もって来よう^^。今夜は9時までレッスンして、その後、温泉に入って開放感にひたって、帰宅は10時でした。もう寝ます。

| | コメント (6)

第5回 フォークソングコンサート

Shon Doso Kuro Naoe 新潟県上越市にあるリージョンプラザ 上越 コンサートホールで行われました。

まず、写真4枚の説明からします。

最寄駅までチャリンコで25分、、別称H橋から左手に見えた光景、、、なんだか、、小便○僧みたいで思わずパチリ。街中でも、こんなユーモラスな藁の道祖神が佇んでました^^。長野駅で直江津行きの電車に乗り換えました。途中の黒姫駅で車窓から外を見ると、なんと雪景色w。おなじ信州でもちがうもんだわ。11時には新潟県直江津駅に降り立ちましたが、、、、なんと、、激しい雨が、、、しばし、雨宿りしてました。

せっかく日本海沿岸に来たのだから、食事ぐらいは豪勢に、、、なんてったって、一人だしねえw、、駅ソバなんかで済ませては、ちょっとミジメw。

昼は「富寿司」で「板さんおまかせ寿司」(¥2,800)、夜は、魚料理がおいしい店で、「おまかせコース」(\3,800)、、地酒もいただいて、リッチな気分になって、帰りの電車で寝てました。

さてさて、肝心のコンサートですが、、、、^^

初めて行ったんですよね、σ(▼▼;)おれ、、、ネットで見つけて、じゃあ、行ってみよかってw。軽~いノリの新参者です。

13:30から始まって、17:00までしかいられませんでしたが、終演は18:30くらいまでかかったんじゃないかなあ。新潟のフォーク好きな方って、上手ですわあ。フォーク好き、ギター好きっていうのが、ビシビシ伝わってきました。

選曲は、中島みゆき、さだまさし、長渕剛、かぐや姫、南こうせつ、井上揚水、小田和正、吉田拓郎などなど、、妙齢のお父さん、お母さん方が、ガンガン歌う姿は、かっけーです。でもね、孝蔵さん、龍雲さん、省吾さんの曲がなかったのです。ちょっとさびし~w。

前記事には、動画でステージの一部を紹介しましたが、もうひとかた紹介します。

『東京』(ふくじゅ草)を歌った(ヒマジンガーZ)のボーカル 平山真利子さん。この方の歌には魅せられました。σ(▼▼;)は声量感たっぷりに歌われるよりも、情感たっぷりに歌われる方が好きなので、、、しっとりと心に訴えかけてくる歌い方が好きです。この方の歌をもっと聞きたいなあ、、と思いました。ほんと、また聞きたいなあ^^。

個人的な好みを書かせてもらえば、どうしてもコンサートホールとなるとバンド志向に走りがちですが、ギター1本、マイク1本ぐらいで、観客と対峙する、そういうぬくもりが感じられる演奏が、σ(▼▼;)はいいと思っています。ノリの良さがあってもいいだろうけど、やはり、歌詞を大切にしてほしい。どんなに上手な伴奏でも、ボーカルの歌詞をかき消してしまうような演奏は控えるべきじゃなかなあ。言葉の意味が伝わってこそ、聞き手は感じ入るのだから、、、感動をもとめて足を運ぶのだと思います。

とてもすばらしいコンサートでした。こういうコンサートは全国的に広がってきているようです。プロのコンサートもいいけど、気楽に楽しめる素人さん参加のコンサートもいいもんですねえ。コンサート巡りしそうw。

ギターレッスンがんばらなければ、そして、いつか、人前でも聞いてもらえる価値のある、オヤジの弾語りができたらいいな^^。それまで、ネットでがんばるネットw。

| | コメント (0)

フォークソングコンサート

11月23日(日)にリージョンプラザ上越で、フォークソングコンサートがありました。 片道2時間半かけて、電車で行ってきましたよ。kazmin'.comさん(ご夫婦です)の「この空を飛べたら」「500マイル」が心に響きました。勝手に録画して流しますが、CMだと思って許してね^^。

| | コメント (4)

冬晴れの空と銀杏、、

Ginannoki 澄み渡った青空を背景に、イチョウの黄色が鮮やかに映えていた。朝のひと時をデジカメにおさめました。

このイチョウの木は大木です。この時期に枝から落ちる銀杏は、高級料亭に出しても喜ばれるくらいの「大粒ぎんなん」です。

この日は、午後から風がでて、雨雪模様になりました。夕方には、イチョウの葉の半分以上は散り、銀杏の実も大量に落ちていました。まさに、冬にまっしぐらという自然の現象です。

ところで、この写真も弾語り動画に使えるかなあ?クリスマスソングには、ちょっと無理ですなあ^^。

今日は、これから新潟県の上越市へ電車で行ってきます。地元の皆さんのフォークコンサートを楽しんできます。入場料は¥500だそうな、、、やっぱり、今日も一人です(^^;)

| | コメント (0)

幻の逸品を焼いてみた^^

Siroan Yakiomoan今年は、 この「焼き芋あんぱん」を作りたかったために、「太白」またの名を「川越金時」というさつまいもを育てたのです。

時を遡ると、昨年の冬、川越みやげの「いも恋」というモチを食べたときに、白いサツマイモ餡とあんこの絶妙なコラボレーションが美味しいなあ、、と感銘をうけたのがきっかけです。以来、このイモでパンを焼いてみたらうまいだろうな~と、念じてきました。

この初冬の時期に、その野望が実現したわけであります^^。

名づけて「白いお芋たち」ww(←恋人たちを、パロってます(^^;)。

・米粉パンです。

・太白(川越金時)の焼き芋を裏ごしして餡にしています。

・10gのクリームチーズが入っています。

2枚目の写真は、ちょとオシャレして撮影してみました。さすが、素人の手作りパンです。中が空洞化しています^^。

ところが、味は絶品。味わえた人からの評判は、すこぶるよろしい。

しかも、これで、今年収穫した太白のさつまいもは、おわりです。だからもう、幻の逸品なのです。

| | コメント (2)

朝の5時半から、すき屋の「豚皿豚汁定」食してます」

Suki ←これだあ。お客はたいてい一人か二人です。

忙しくてどうにもならいと、家の朝食では遅くて、すき屋ですませて、早朝出勤です。今週は、火、水ね。

朝から、ワンコインでしっかり食べてます。

| | コメント (4)

美形なモデルさんをゲットw

Hakusai その清楚な美しさに、ほれぼれしてしまうのですが、

カメラマンの腕が、あまりよろしくないので、この程度の見映えしかしませんw。なんてたって、洗濯機の上に置いての撮影ですから(^^;)

でも、健康的で綺麗な美しい白菜で、ほんとうに惚れ惚れしますわ。夕飯には、さっそく永谷園の煮込みラーメンの具になっていました。美味しかったです。

これからこのような白菜とキャベツがとれます。自画自賛w。

| | コメント (2)

光黒豆の何倍?

Kuromameno Daikontenpi 比較写真を接写しました。左が「丹波の黒豆」です。右が「ひかり黒豆」です。大きさは倍以上ありそうな勢いです。でっかいですねぇ、丹波の黒豆は。味はどうなんだろうね。

大根はキレイニ洗って、今週一週間は天日干しています。最後の大根30本ぐらい漬けるつもりです。

漬物準備のために、甘柿の皮をむいて、一緒に天日干ししています。

| | コメント (2)

丹波の黒豆、、、

Tanba  地元のJAに「丹波の黒豆苗」として販売していたものから、トマトと共生させて育ててきました。

『信州で育てた「丹波の黒豆」はどんなだろう?』素朴な好奇心から始めました。

今週は、金曜日まで日が差しそうなので、天日干しして、カラカラに乾燥させます。真っ黒にしまった豆になっていればいいのですが、皮がむけてしまって中身の白が目立つようでは、いい黒豆とはいえません、、、大粒の真っ黒の黒豆になるかなあ?、期待半分、不安半分です。

忙しくて写真にもおさめませんでしたが、「秋の新じゃが(デジマ)」(2畝分)は豊作でした。薄皮でふっくらしたきれいなイモに育ちました。味もたいへんよろしい。配った人に喜ばれました。

さつまいもの、種子島紫も豊作でした。手ごろな大きさの芋ほど、「紫」が濃くなっていることに気づきました。

畑に残された「野菜たち」も、あとわずかです^^。

次は、大根の漬物を大量にしなければなりませぬ。それが終わったら、白菜漬けですなあ。30Lの漬物樽を2つ用意しています。

| | コメント (0)

大根の収穫、、

Daikon 秋大根は、この4年間でいちばん上等な大根に育ちました。

葉っぱの生育を見て、いい大根に育っているのはわかっていましたが、今朝、収穫してみて、ほんとに見事な大根になっていました。写真でおわかりになるでしょうか?

「総太り大根」(青首)と「おでん大根」と「ビタミン(おろし)大根」の3種類です。水色のザルに入っているのが、総太り大根です。

今日は、半分ほど収穫しました。明日は、葉っぱを残したまま収穫したいと思います。

珪酸カルシウムをまいて、高畝、黒マルチ、液肥で育てました。マリーゴールドを植えて線虫除けもしました。ほとんど、線虫に食われていません。形のいい、きれいな大根になりました。自分でもびっくりしているほどです。

| | コメント (2)

心象風景、、、

永井龍雲さんの曲が続きます^^ 最新の1曲しかアップしてませんので、悪しからず^^

http://hamashokai.hp.infoseek.co.jp/shabon.htm

この三連休は、休みなしで働き蜂でした。

| | コメント (0)

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »