« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2009年8月に作成された記事

地獄と極楽

5654174 ある人が、「地獄」に案内されて行きました。そこには大きなテーブルがあり、おいしそうな御馳走がいっぱいのっていました。

 しかし、そこ座っている人をみると、どの人も骨と皮ほどにやせ細っていて、目ばかりギラギラさせて、とても見るにたえない有様です。よ~く見ると、身体が椅子に縛りつけられていて、その手には長~い箸をもっています。その長い箸で御馳走をはさんで食べようとしますが、箸が長すぎてうまく口に入らない。それでも食べようと焦れば焦るほど思うようにならないものですから、ますます恐ろしい形相でにらみ合っているといった有様でした。

 次に、「極楽」に案内されて行きました。まったく同じテーブル、御馳走、椅子に縛りつけられている人々、手には長~い箸。状況は「地獄」とまったく同じです。
 ところが、そこに座っている人々は、みんな豊かに太っていて、みるからに楽しそうな幸せそうな様子をしているのです。

Q:『どうして極楽の人たちは楽しく幸せな表情をしているのでしょうか?』

A: 『極楽の人たちは、長い箸で御馳走をはさんでは、

向かいの人に、「はいどうぞ」と差し出す。

向かいの人は、それを「おいしい、おいしい」と

食べては、反対の人に差し出すからです。

お互いに「すみませんね」「ありがとう」といって、

本当に幸せそうな顔をしているのです。』

※明日は選挙ですね。 幸せな国、日本を国民の手に、、、、、。

| | コメント (0)

清いこころ、、

Img008

| | コメント (0)

院内コンサートとサマーフェスタ

Dsc00322 Dsc00323  8月23日(日)、信州大学付属病院へ行ってきました。Dr.Kさんの院内コンサートを視聴するためです。

すばらしかったです。患者さんに対する励まし、温かさが溢れるライブでした。

演奏曲目は、以下の通りでした。

前半:加茂の流れに(かぐや姫)、涙そうそう(夏川りみ)、少年時代(井上陽水)、想い出がいっぱい(H2O)、スタートライン(馬場俊英)、花(中孝介)、君を忘れない(松山千春)、見上げてごらん夜空の星を(坂本九)

後半:愛の唄(オフコース)、未来予想図II(Dream comes true)、Squall (福山雅治)、青春の影(チューリップ)、One more chance, one more time (山崎まさよし)、風(コブクロ)、蕾(コブクロ)

アンコール:二人の夏のハーモニー(井上陽水と玉置浩二) 以上敬称略

ギターとキーボードの演奏も上手だったなあ。Mr.Hさんの演奏も歌もよかったし。Dr.KとMr.Hの二人のハーモニーもすばらしかったです。

パルコ前の公園では、ユージさんが浜田省吾の曲を弾き語ってました。省吾の若い頃の声だねえ。

路地裏の少年、片想い、もうひとつの土曜日、家路、木霊の途中まで聞いてましたよ。電車の時間があったのでね。

今度は、省吾ファンの集まりで歌ってくださいね。もう皆で熱狂すると思います^^。

| | コメント (2)

クラッシックギターの練習曲

週1のレッスンに通い始めて、1年が過ぎた。

「レナードに曲を弾いてください。」これが最近先生からよく言われる言葉です。

まだこんな練習曲しか弾きこなせないが、一歩一歩前に進みたいですね。

| | コメント (0)

このいのち、、、

Dsc00317 毛筆で書写することも、心の波を静めるにはよろしい所作だと思います。

今日も書いてみました。

お盆が終わりました。先祖の霊を供養し、いまあるこの命は、先祖代々引き継がれたきた「いのちのバトン」であることを、改めて気づかせてくれる。それがσ(▼▼;)にとってのお盆だと思っています。

写真は、σ(▼▼;)のお気に入りのアナログ腕時計です。1995年のSEIKO製のチタニウムです。ストップウォッチもアナログ針です。14年間、止まるたびに電池交換してきました。ある時は水が入って止まってしまい、修理か廃棄を迫られましたが、お気入りだったので修理しました。この時計は肌身話さず、σ(▼▼;)の形見になるはずです^^。

こんな精巧な時計だって、電池が切れれば止まるし、故障をして止まるのです。しかし、

わが「心臓」は、生を受けてから今まで一度たりとも止まったことがない。感謝せずにはおられませんね。手を合わせて拝まずにはいられません。

一年に何度でも、自分のおごり高まった心を平らかにしなくてはいけないと思います。一番いい機会は、このお盆の時期です。

一どでも

とりかえできない

このいのち、、、。

| | コメント (0)

...にもかかわらず、、、

Img006 ドイツの有名なことわざだそうです。

仕事量も通勤時間も倍増した…にもかかわらず笑う

人間ドックで再検査項目続出…にもかかわらず笑う

苦しい、つらい、失敗ばかり…にもかかわらず笑う。 笑える自分になろう。

久しぶりに、毛筆で書いた。いいもんだ^^。

お盆休みは、ヤフーの生活カテで「弾語り部屋」を開けて過ごした。楽しかった。

「ふきのとう」「浜田省吾」「永井龍雲」ときたが、、、

孝蔵さんと博堂さんの部屋どうしよw。

| | コメント (0)

笑いの医力(音楽の医力)

41tly0l9xkl__ss500_ 高柳和江医学博士が、笑いの効果を語りつくす本である。

一日5回笑って、一日5回感動しよう!を合言葉に、

笑うと、、、、美しくなる。自分に自信がつく。病気を治す。温かい心、創造性を育む。長寿になる。   要するに、いいことばかりなのだ。

もっともっと、笑いに注目してみようと思わせてくれる一冊です。

笑いには、病気を治す力があるという。音楽にもあると言われている。音楽療法などがそのひとつでしょう。

最近ネット検索で、こんなことを知りました。病院のドクターが、入院患者さんを励まそうと、病院の会議室で弾語りコンサートを時折されているというのです。先生が趣味の弾語りを、ボランティアで役立てている。

音楽で人を和ませたり、癒してあげたり、励まして、そして感動を与えられたら、その本人にとって、喜びは大きいと思うのです。

自分で楽しむだけでなく、周囲を楽しませる。そのことによって自分も喜びや元気をもらえる。そういう相乗効果のある音楽のあり方っていいなって思います。

そのドクターのコンサートが、8月23日(日)に松本であるそうです。ぜひ、都合をつけて行ってみるつもりです。

| | コメント (0)

東京出張最終日  (品川)

 品川の夜は更けて、昨夜は品川プリンスホテルのアネックスに泊った。駅をはさんで反対の港南口側を散策してきた。

北前そば「高田屋」に入る。洒落た居酒屋風のお店。店員さんの接客態度もいいです。カウンター席に座り、、、オンザロックでそば焼酎、なめろう、さつま揚げ、締めは、「梅おろし蕎麦」、、、たいへんいい雰囲気でおいしくいただきました。次回も来ようっと。盛衰が激しい業界なので、生き残ってほしいものです。

さて、今朝は4時に目覚め、6:30に和食をがっつりと食べ、7:00~アートコーヒー店の店外で新聞読みながら動き始めた品川駅前を眺めていました。

こういうゆったりした朝を過ごすのも久しぶりです。朝風呂にもゆっくり入ったしで、ではそろそろ最終日の仕事に出かけます^^。

Dsc00307

| | コメント (2)

フォーク酒場≪亜古木≫探訪、、、、(池袋)

Dsc00302  仕事が終わり、夜7時過ぎに池袋東口から徒歩7分のところにありました。『亜古木』なお店w。店内の撮影はしなかったので、店頭の看板を撮影しました。アコースティックギターが目印、、、そのまんま、、です^^。

店内には、自前のギターを持ち込んでいる4名の方がいらっしゃってました。マスターは、これまたかっこよろしい男前でした。

ステージには、お客さん持ち寄りのアコギが7~8本置いてありました。初めてのお店だし、聞くだけ、、と思ってましたが、「記念に1曲やっていったら、、どんどん歌っていいんだよ、、」というマスターのお誘いに、、酔いも手伝って、1曲だけやってきました。

柿の実色した水曜日(ふきのとう)をやってきました。(ふきのとう全曲集がお店に置いてあったので選曲しました)

ふだんは、クラッシックギターで弾語っているので、久しぶりに弾いたフォークギターは、、弦が鉄でしたw(←当たり前です)

9:10が池袋発最終バスなので、9:00に急いでお店を出たので、バタバタしてマスターやお店のお客さんに迷惑かけてしまいました。すみませんでした。

池袋駅に近づいた頃、何やら物々しい雰囲気、、、なんと、消防車と救急車がたくさん来てるではないですか、ヤジ馬も集まってるw。繁華街での火事。。。でしょうね、、、煙は見えなかったですが、、、物騒です。Dsc00305

バス停に着いたら、ちょうど最終バスが来ました。マンションに着いて、近くの滝野川の湯に行ってから寝ました。楽しい東京の夜でした^^。

今、日曜日の朝5時半です。今日は9時から18:30まで仕事です。

今日も暑くなりそうです^^。

| | コメント (0)

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »