« 連休前半、、、 | トップページ | 全部の苗の「根切り」をして植えました »

美味しい野菜を作り始めたぞぅ

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          Dsc00711 Dsc00712 Dsc00713 Dsc00715 Dsc00716 Dsc00717

                                                                                                                        

                                                                                                                       1年間のブランクがありましたが、この連休から野菜つくりを始めました。1年前に「家庭菜園検定 2級」資格をとったので、今年の3月は1級に挑戦しますぞ。このくらいの勢いで取り組むもう^^。

ほんとに5月の連休はお天気がいいですね。気温もぐんぐん上昇して、汗ばむ天気です。野菜の植え付けにはもってこいの陽気です。

まずこてはじめに、写真の父親の畑の一角を借用して、種しょうがを植え付けました。2週間前に購入した種しょうがは、ご覧のように「芽」を出し始めました。

大きく太っていて、10個に手で割りましたが、中は瑞々しくて香り高い。いい種です^^。

生姜は東南アジアが原産地なので、高温多湿を好みます。発芽するまで、3~4日に一度は液肥をかける。発芽してからは1週間に一度でO.K。

自分の経験から言うと、植え付けて定植するまでは、水くれや施肥に労を惜しまないことです。これが美味しい野菜に育つかの、第一のポイントだと思うのです。

σ(▼▼;)は、育て方の拠り所として、「永田農法」を取り入れています。無手勝流の育て方より、優れた専門家の農法に学ぶ謙虚さが必要だと思ってます。

「おいしさのつくり方」は、5年前にやさいつくりを始めたときのσ(▼▼;)おれのバイブルです。今でも、そのつど使っています。

実際に美味しい野菜ができて、周囲から喜ばれていますので、実証済です^^。

今年は、コメリで永田氏が推奨する「住友液肥」が手に入ったので、これを使ってみます。

別の場所に、狭いのですが少しばかり野菜を作れる土地があります。父が作っていない野菜を中心に手がけてみます。

その畑に、1年間放置しておいた「落花生の種」、、発芽するか心配ですが、一昼夜、水に浸した後、ケイカルをまいてから、たっぷり液肥を与えて植えました。

|

« 連休前半、、、 | トップページ | 全部の苗の「根切り」をして植えました »

おいしい野菜をつくろう」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 連休前半、、、 | トップページ | 全部の苗の「根切り」をして植えました »