« 初ものナスの浅漬け | トップページ | あなたを愛する思い »

蕎麦処 信州の手打ちそば

手打ち蕎麦の講習会に、1年ぶりくらいに参加してきた。講師は、毎日スーパーに手打ち蕎麦とうどんを出荷しているおばさま方である。

σ(▼▼;)は家で打つことがほとんどないが、常に「うどんと蕎麦は自分で打てるようにしておきたい」という、信州人のこだわりのようなものがあるようだ。

打ち方を忘れかけた頃、この講習会に参加している。その度に新しい発見がある。今回は、蕎麦の生地ののし方、切り方が実感として体得できたような気がする。あくまで気がするのであって、実際に打たないでいると忘れてしまうのだ。

繰り返しやることは、理屈ではなくて、身体が覚えてくれる。つくづく、それを感じる「蕎麦打ち講習会」だった。

画像は、実際にσ(▼▼;)が打った蕎麦500gと、講習会で配られた「打ち方マニュアル」

我が家の夕飯は、もりそばに決定!

Dsc01006_2 Img036_2 Img037_2

Dsc01007 ←夕食です^^;。合格!今回の蕎麦は、つながってます。短く切れてしまうことなく、長いそばのままです^^v

ゆで方もよかったのかもね。大量に一気にゆでないで、200gぐらいずつ大湯でゆでること。差し水をしないこと。箸でかきまわさないこと。これが、そばを切れ切れにしないこつだそうです。ъ( ゜ー^)イェー♪

|

« 初ものナスの浅漬け | トップページ | あなたを愛する思い »

信州おすすめ味・処」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 初ものナスの浅漬け | トップページ | あなたを愛する思い »