« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年12月に作成された記事

今年の総決算、、

Dsc01469

年末にあたり、今年の総括をしておこう。

【仕事】

土日が休みやすいシフトになり、仕事のストレスはかなり軽減した。土日を利用して、息子のいる東京にも行きやすくなった。その分、平日の仕事がハードになったので、朝夕の車の運転は、居眠り運転にならないように細心の注意が必要になった。

【家族】

両親がいまだに、認知症も含めて病気することもなく隣で元気で暮らしていてくれてることがいちばんありがたい。親に心配かけずにいることが一番の親孝行だと思ってるので、なにもしてないのがちと心苦しいなあ。両親には、まだまだ自分の好きなことを日々の暮らしの中で楽しんでもらいたい。

我が息子も娘も、成人してどこに出しても恥ずかしくない社会人に育ちつつあります。ありがたいことです。両親も含めて、家族6人、健康で過ごせた一年でした。これがいちばんの幸せです。

【趣味】

クラシックギターのレッスンを続けて2年が過ぎました。人前でクラシックの曲を独奏する怖さと楽しさを知ることができました。これからは独奏曲のレパートリーを増やしていくことになります。そして、いずれは、インストにもチャレンジしていきたいです。

土日と休日を利用してボランティアを始めました。そんなゆとりがあるわけでもないのにw。自分をつき動かしているのは、たぶん4年前に亡くなった祖母です。生前にもっと祖母の喜ぶ顔を見たかった、、そういう思いで、デイサービスの高齢者の皆さんの笑顔に接しています。このギター演奏・伴奏ボランティアも月に1、2回のペースでやってこれました。

畑の野菜つくりも復活しましたが、この冬に、土壌改良をして、春から再開します。

2010(平成22)年は、いい年でした。来年も今年以上の年になるように、精進したいです。

皆様もよいお年をお迎えください。

                                 長野のケン

※写真注釈

 生涯このギターと共に生きていく、、と神前で誓ったw、、、クラッシックギターです、、^^。書斎のL字テーブルの上に鎮座しています。市内の全国的に有名なギター製作者から購入したもので、10作目のギターです。このギターを弾いたら、他のギターを弾く気にならなくなるほど、惚れ込んでいます。家族には内緒で買いましたw。金額は、、、言えません。高額な値段を格安で譲り受けました^^。 

| | コメント (0)

浜省会in松本で、省吾の誕生日を祝う

Dsc01467 58回目の誕生日なんですね。なのに春からまたツアーが始まるんですね。省吾さんのがんばりは、ファンの大きな励みですよね。

俺も、58までには、浜省ソングのインストをソロでできるくらいのライブをやりたい。目標をもって念ずれば花開く、、日々の努力だね^^

久しぶりに浜省会の面々にお行き会いしました。元気そうで、幸せな家庭を築いているカップルもいたりで、とてもうれしかったです。なんとこの浜省会から3組のカップル(夫婦)が生まれてるのですぞ。省吾さんが愛のキューピット役ってところですかね^^。

そして、何より、浜田省吾さんを敬愛する仲間の鼓動や息遣いを感じてうれしかったなあ。

ふだん、一人で弾き語っているのとは、ちょっとちがう高揚感を感じました。

今、会場だったカラオケの隣のネットカフェに泊まってます。このブログをアップして寝ます。明日は、大掃除、大片付けしなくちゃ。

| | コメント (4)

カーアクセサリー?になる?

Dsc01465 車の窓にじゃまにならない大きさにしてみました。

吸盤、ゴムテグス、アクセサリーパーツ(鍵)、ハートビーズ、すべて100円ショップwでそろえました。紐止めはステープラーの針を利用。

雪模様の画用紙は少し上質のものを使いましたが、小さなワクをカットするのは骨がおれます。これ以上の小型化は厳しいです。

まず、自分の車に飾って、周囲の反応をみたいと思います^^;

Dsc01466 フロントガラスと後部ガラスの真ん中に、吸盤でつけました。

どうかなあ?^^

| | コメント (2)

1月の選曲(浜田省吾の楽曲から)

Shogocolor2 明日から、通勤の車の中で聞くCDを変えます。

Blood Line. Lonley. パーキングメーターに気をつけろ、

傷だらけの欲望、愛しい人へ、ラスト ショー、 家路、

凱旋門、防波堤の上、君去りし夏、恋は賭け事、ラスト ダンス

今週はクリスマスソングを歌いたいね。年に一回ぐらいしか歌ってもらえない曲もあるしね^^

今夜はこの12曲を、CDとウオークマンに落としました。 明日の夜は忘年会です。

| | コメント (2)

手帳の中身をのぞいてみると、、

Dsc01456 人の手帳の中身は、まず見ることができませんね。

マル秘事項か多すぎて、部外者には見せられないのが手帳だと思います。

逆に言えば、一度はのぞいてみたいのも、また他人の手帳の中身ではないでしょうか^^。

でものぞかれたくないので、万が一のぞかれてもいいように、文字はなるべく乱雑に自分にしかわからない文字で書いてます。その方が安全ですから^^。

では、σ(▼▼;)の手帳の中身で、特に特徴的で面白いと思われることを2つあげてみます。

一つは、写真でアップしてありますが、人物スケッチを描いている点です。

これは、ある講演会で話をされてる方をスケッチしたものです。話の合間に特徴だけとらえて描きました。日付とお名前と場所を明記しておくと、記憶が一層鮮明に刻まれます。それと、デッサンの練習にもなるのですね。

σ(▼▼;)が一生懸命メモをとっているときは、もしかしたら、あなたの話ではなくて、あなたの容姿をデッサンしてるのかもww。

さて、もう一つの特色は、「アイデアマラソン」をメモし続けていることです。

これは、頭に浮かんだこと、発想、発見、近い将来やってみたいこと、夢、など、何でもいいのです、「ひらめき」や「思いつき」や「発想」を、忘れてしまわないうちに、メモしておくのです。

たとえば、

12/20… 雪模様のモビールを小型化する。紙の良質化、吸盤をつける。ハーブの香りをつける。→カーアクセサリーとして十分な価値が生まれる。

このように、今思いついたアイデアを書きとめておくのです。それが実現するか、実行するかは後で決めればいいのです。とにかく、アイデアを出し続けていくのです。これは、仕事だけのことではなく、趣味や娯楽も含めて雑多な内容が時系列で記入されていきます。

記入が少ないときは、脳が活性化されていないときです。そして、ときどき記入された内容を読み返してみます。「ああこんな発想をしていたのか」「うん、これは面白そうだな、やってみようか」などと、さらに自分の五感を刺激してくれるのです。やがてこのアイデアが熟成されて、自分にとって大きな価値を生み出すものに変わるときもあります。

以上、「イラスト入りメモ」と「アイデアマラソン」が、σ(▼▼;)の手帳の特徴的な部分です。

読者の方の手帳はどんな特徴がありますか?

| | コメント (0)

第二、第三の脳とは、手帳なり

Dsc01448_2

足の裏やふくらはぎが、第二の心臓と呼ばれるなら、「手帳」は、第二の脳と呼びたい。

ダイヤモンドメモ(100円)は、黒と赤のペンとともに、必ずポケットに入れている。

冊数を記録し始めて、この11月で23冊目に入った。

このポケットメモは公私混合した走り書きでいっぱいである 。

外付けのハードディスクみたいなものかな。自分で言うのもなんだが、

σ(▼▼;)おれはかなりのメモ魔ですよ^^。

この走り書きのメモから、要点を書き写す先が、

業務手帳(A4版、36穴)である。以前は2万円もする本皮のファイルも使ったが、

常に携帯して酷使するため、手垢と汚れにまみれてしまった。

現在は、塩化ビニール製?のシンプルなファイルが、汚れにも強く、いちばん長持ちする。

価格も1500円くらいのお手ごろな値段だ。

この業務手帳の中身は、書式はすべて自分で作成したもので、既製のものではない。

大事なものを一時保管するポケットファイルなどを組み合わせて使用している。

この業務手帳こそ、メインブレインである。仕事や道楽のハウツーやエキスが凝縮されている。

この二つの手帳に共通することは、

①年間予定表が入っていること。特に、ポケット手帳には、縮小したものが、裏表紙に貼り付けられていて、重宝している。

②公私混同はよくないが、公私混合させている。仕事のことも、趣味のことも、思いついたら、必要を感じたらすぐメモしておく。

この2冊の手帳がなかったら、私の仕事効率は半減し、道楽にも精がでなくなる。大事な大事な手帳なのです。だから、両方とも、住所、名前、電話番号を明記してありますww。

拾った方にはお礼をはずみますので、必ず届けてねん。でも素性が割れちゃうなあw

| | コメント (0)

雪模様の切り紙と省吾さんww

Dsc01447

書斎のポスターの背景に、「雪模様の切り紙」第五作目を吊るしてみました。

いい感じでしょ?

 この切り紙は、空いた時間をみてカットしたものです。ちょっとした気分転換にいいのですね。それが、部屋のインテリアにもなるのですから、一石二鳥です。

弾語り部屋では、省吾さんの曲を歌いまくっています。12月の冬の曲、そしてクリスマスソング。素敵な曲はまだまだ、たくさんありますね。

ところで、

「僕と彼女と週末に」というこの大作を、何度も聞いて気がついたことがありました。

2番を歌い終えた後の、省吾さんの語りの部分です。

俺の耳にはどう聞いても、広島弁のアクセントだろうか?と思われるところが二箇所あるのです。

省吾ファンに検証してもらいたいところですが、そんなことはもう検証済なのかしらんw

改めて聞いて、歌詞を覚えてくると、骨太の名作であることがわかる。

今日の弾語り部屋で、初めてセリフも含めて歌ってみたけど、レパートリーに入れたい1曲ですね。

| | コメント (0)

街で見かけたイルミネーション

コンビニでコーラを買ったら、向かいに見えたのが、ρ(´ー`) コレです。きれいです。

イルミネーションは動画撮影でしょう^^。

クリスマスの雰囲気が盛り上がりますね。

| | コメント (0)

クリスマスケーキ

Dsc01444 母(82)の手作りケーキです。

半分にカットして持ってきてくれました。

お菓子作り教室に通っている母の、いまだに衰えないその好奇心と若々しさには、息子も脱帽です^^;

息子は、「おいしかったああ、、また作ってね^^」と言うだけです。

通勤途中で、姨捨サービスエリア付近の山を撮影しました。

山並みを高速道路が通っています。雪はもうじき里に下りてくる勢いです。

Dsc01442

| | コメント (0)

休日の贅沢な朝時間、、、、

Photo

土日と休みがとれる。その分、平日の仕事はハードだ。

そんな休日の早朝、

σ(▼▼;)は4時に起きて、5時から万葉超音波温泉につかっていた^^;

ドトール珈琲の自動販売機があって、カフェモカ(150円)を飲みながら、信濃毎日新聞を読んでいた^^。

それから向かったのが、ネットカフェだ。目的は、最新型マッサージマシーンで身体をメンテナンスすることと、コミック「REAL」を読むこと。

脚のストレッチは、初めてマシンにふくらはぎをつままれたw。緊張しましたw。背中のマッサージでは、痛みを感じる部分が自分でよくわかる。きっとこのツボの部分が、弱ってるんだろうなあ。

さて、このコミックは、讀賣新聞のCMで目にとまったので、読み始めました。現在10巻まで出版されています。あの有名な「スラムダンク」をかいた作者です。

車椅子バスケットを通して、障害を持つということを深くほりさげて描いています。笑いと涙の傑作ですね。今日は4巻まで読みました。第3巻のこの場面が心に残ったのでコピーしてきました。

五体満足で生まれ、五体満足でいられることが奇跡に近いほど、どれほどありがたいことかということを、大人は子どもたちにきちんとわからせなければいけない。

このことがわかっていな大人が増えすぎて、子どもも大人の姿をみて、差別や偏見がまかり通っていく。それは、無知から生まれるものだから。

動物は、「事故」や「病」や「老い」によって、身体の機能をいずれは失っていく。その程度の小さい大おきいはあれど、それが動物である人間なのに。

ややもすると、この真実を、日常の中で見失ってしまいがちになる。

人は、かようにも尊大になりがちな存在だから、、、、。

自分はどうか?尊大な人間になっていないか?

常に戒めなければならない。

1時間、ネットカフェで過ごして、500円。

7時前に家路にむかった。外はもう明るく晴れ上がり、

四方の山並みの頂上付近は、薄っすらと白くなっていた。

もう12月だものね^^。

| | コメント (0)

早朝5時半の「すき家」にて

20101201053246 20101201054518 15分後の5時45分には、たいらげました。ポン酢おろし定食+冷やっこです。外は、まだ暗闇なのに、朝食はがっつり食べられるのは、仕事でも、プライベートでも、前向きな気持ちをもっていられるからでしょう。

実は、このすき家は、勤務先とは逆方向にあるC店です。通勤途中にあるU店は敬遠しています。なぜなら、C店のごはんが断然おいしいからです。U店のごはんは、バサバサ、ごわごわ、、前の日のじゃないか?と思わせるようなごはんです。

このように、おいしいお米、、にこだわって店を選んでいます。

仕事がたいへんになると、早朝出勤をします。もう、眠いですww。

| | コメント (0)

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »