« 第二、第三の脳とは、手帳なり | トップページ | 1月の選曲(浜田省吾の楽曲から) »

手帳の中身をのぞいてみると、、

Dsc01456 人の手帳の中身は、まず見ることができませんね。

マル秘事項か多すぎて、部外者には見せられないのが手帳だと思います。

逆に言えば、一度はのぞいてみたいのも、また他人の手帳の中身ではないでしょうか^^。

でものぞかれたくないので、万が一のぞかれてもいいように、文字はなるべく乱雑に自分にしかわからない文字で書いてます。その方が安全ですから^^。

では、σ(▼▼;)の手帳の中身で、特に特徴的で面白いと思われることを2つあげてみます。

一つは、写真でアップしてありますが、人物スケッチを描いている点です。

これは、ある講演会で話をされてる方をスケッチしたものです。話の合間に特徴だけとらえて描きました。日付とお名前と場所を明記しておくと、記憶が一層鮮明に刻まれます。それと、デッサンの練習にもなるのですね。

σ(▼▼;)が一生懸命メモをとっているときは、もしかしたら、あなたの話ではなくて、あなたの容姿をデッサンしてるのかもww。

さて、もう一つの特色は、「アイデアマラソン」をメモし続けていることです。

これは、頭に浮かんだこと、発想、発見、近い将来やってみたいこと、夢、など、何でもいいのです、「ひらめき」や「思いつき」や「発想」を、忘れてしまわないうちに、メモしておくのです。

たとえば、

12/20… 雪模様のモビールを小型化する。紙の良質化、吸盤をつける。ハーブの香りをつける。→カーアクセサリーとして十分な価値が生まれる。

このように、今思いついたアイデアを書きとめておくのです。それが実現するか、実行するかは後で決めればいいのです。とにかく、アイデアを出し続けていくのです。これは、仕事だけのことではなく、趣味や娯楽も含めて雑多な内容が時系列で記入されていきます。

記入が少ないときは、脳が活性化されていないときです。そして、ときどき記入された内容を読み返してみます。「ああこんな発想をしていたのか」「うん、これは面白そうだな、やってみようか」などと、さらに自分の五感を刺激してくれるのです。やがてこのアイデアが熟成されて、自分にとって大きな価値を生み出すものに変わるときもあります。

以上、「イラスト入りメモ」と「アイデアマラソン」が、σ(▼▼;)の手帳の特徴的な部分です。

読者の方の手帳はどんな特徴がありますか?

|

« 第二、第三の脳とは、手帳なり | トップページ | 1月の選曲(浜田省吾の楽曲から) »

男の道具」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 第二、第三の脳とは、手帳なり | トップページ | 1月の選曲(浜田省吾の楽曲から) »