カテゴリー「男の道具」の3件の記事

手帳の中身をのぞいてみると、、

Dsc01456 人の手帳の中身は、まず見ることができませんね。

マル秘事項か多すぎて、部外者には見せられないのが手帳だと思います。

逆に言えば、一度はのぞいてみたいのも、また他人の手帳の中身ではないでしょうか^^。

でものぞかれたくないので、万が一のぞかれてもいいように、文字はなるべく乱雑に自分にしかわからない文字で書いてます。その方が安全ですから^^。

では、σ(▼▼;)の手帳の中身で、特に特徴的で面白いと思われることを2つあげてみます。

一つは、写真でアップしてありますが、人物スケッチを描いている点です。

これは、ある講演会で話をされてる方をスケッチしたものです。話の合間に特徴だけとらえて描きました。日付とお名前と場所を明記しておくと、記憶が一層鮮明に刻まれます。それと、デッサンの練習にもなるのですね。

σ(▼▼;)が一生懸命メモをとっているときは、もしかしたら、あなたの話ではなくて、あなたの容姿をデッサンしてるのかもww。

さて、もう一つの特色は、「アイデアマラソン」をメモし続けていることです。

これは、頭に浮かんだこと、発想、発見、近い将来やってみたいこと、夢、など、何でもいいのです、「ひらめき」や「思いつき」や「発想」を、忘れてしまわないうちに、メモしておくのです。

たとえば、

12/20… 雪模様のモビールを小型化する。紙の良質化、吸盤をつける。ハーブの香りをつける。→カーアクセサリーとして十分な価値が生まれる。

このように、今思いついたアイデアを書きとめておくのです。それが実現するか、実行するかは後で決めればいいのです。とにかく、アイデアを出し続けていくのです。これは、仕事だけのことではなく、趣味や娯楽も含めて雑多な内容が時系列で記入されていきます。

記入が少ないときは、脳が活性化されていないときです。そして、ときどき記入された内容を読み返してみます。「ああこんな発想をしていたのか」「うん、これは面白そうだな、やってみようか」などと、さらに自分の五感を刺激してくれるのです。やがてこのアイデアが熟成されて、自分にとって大きな価値を生み出すものに変わるときもあります。

以上、「イラスト入りメモ」と「アイデアマラソン」が、σ(▼▼;)の手帳の特徴的な部分です。

読者の方の手帳はどんな特徴がありますか?

| | コメント (0)

第二、第三の脳とは、手帳なり

Dsc01448_2

足の裏やふくらはぎが、第二の心臓と呼ばれるなら、「手帳」は、第二の脳と呼びたい。

ダイヤモンドメモ(100円)は、黒と赤のペンとともに、必ずポケットに入れている。

冊数を記録し始めて、この11月で23冊目に入った。

このポケットメモは公私混合した走り書きでいっぱいである 。

外付けのハードディスクみたいなものかな。自分で言うのもなんだが、

σ(▼▼;)おれはかなりのメモ魔ですよ^^。

この走り書きのメモから、要点を書き写す先が、

業務手帳(A4版、36穴)である。以前は2万円もする本皮のファイルも使ったが、

常に携帯して酷使するため、手垢と汚れにまみれてしまった。

現在は、塩化ビニール製?のシンプルなファイルが、汚れにも強く、いちばん長持ちする。

価格も1500円くらいのお手ごろな値段だ。

この業務手帳の中身は、書式はすべて自分で作成したもので、既製のものではない。

大事なものを一時保管するポケットファイルなどを組み合わせて使用している。

この業務手帳こそ、メインブレインである。仕事や道楽のハウツーやエキスが凝縮されている。

この二つの手帳に共通することは、

①年間予定表が入っていること。特に、ポケット手帳には、縮小したものが、裏表紙に貼り付けられていて、重宝している。

②公私混同はよくないが、公私混合させている。仕事のことも、趣味のことも、思いついたら、必要を感じたらすぐメモしておく。

この2冊の手帳がなかったら、私の仕事効率は半減し、道楽にも精がでなくなる。大事な大事な手帳なのです。だから、両方とも、住所、名前、電話番号を明記してありますww。

拾った方にはお礼をはずみますので、必ず届けてねん。でも素性が割れちゃうなあw

| | コメント (0)

15年目の腕時計

15年前に買った腕時計の電池が切れたので交換に時計屋さんに行ってきた。2年くらいで切れますね。

今から7年前に、自分の不注意で水を中に入れてしまい、この時計屋さんで修理してもらった。確か分解清掃+修理代は2万円くらいかかった気がする。\45,000の購入価格だから、半額の修理代を払っても、手放したくなかった逸品なのです。

今日またその時計屋さんのご主人から言われました。

「長くもたせたければ、5年に一度は分解清掃をした方がいい。そろそろその時期だね。値段?勉強しても1万から2万円くらいかかるけどね」と。

σ(▼▼;)の逸品は「セイコー スピリッツ チタニウム」Dsc00504 です。 写真でご覧のように、アナログ時計です。ストップウォッチ針も秒単位で刻みます。サファイアガラス使用です。チタニウムなので軽量です。

当時、多機能な割にはスマートなデザインが気に入って、カタログ研究して取り寄せてた覚えがあります。

今でも、時計はアナログが好きです。動いているようには見えないけれど時が刻まれていく、その自然な時の流れが好きです。

ただ困ったことがあります。就寝中も腕時計をしているのですが、朝起きたとき、寝ボケ眼なので短針と長針が見にくくて、時間を1時間も間違えるときがあること。そのために、枕元に携帯電話を置いておきますw

| | コメント (0)