カテゴリー「「旬」の食」の24件の記事

大晦日の宴

 大晦日から元旦にかけて、大雪になりそうです。冬らしくなりました。雪は休み中に降ってほしいですね。通勤に影響のある降雪はいただけませんw。

Dsc00452 家族がそろって年越しの食卓につきます。長野県でも年越しに食べる魚は、地域によって異なるようで、鮭か鰤(ブリ)に分かれるようです。

我が家では昔から、鰤の煮つけが出されます。今年の年越し料理は刺身以外はほとんど手作りです。嫁と母が午後から作っていました。圧巻なのは、写真真ん中に陣取っている「丹波の黒豆」。σ(▼▼;)の父に「今年作ってみたらどう?」と誘い水を向けたところ、豊作だったようです。これだけ立派な黒豆はなかなか手に入りません。

2010年もマメに暮らせるといいですねえ^^。

| | コメント (0)

人を良くするのが「食」、、、

Dsc00438 私の朝食は、ご飯と納豆です。もうこれがあればいい、、、という究極のメニューですね。写真でご覧のように、炊きたてのご飯の上に、納豆一パック分を全部かけて食べます。

納豆は、大根おろしの入ったタレです。刻みネギも薬味で入れます。起きたてで多少食欲がわかなくても、不思議とこの納豆ご飯なら食欲が出てきます。海苔や漬物、佃煮などが少々あれば十分です。

和食の中でも日本人にずっと食い継がれてきた「納豆」はとにかく身体にいいはず、という観念が自分の中にあって、毎朝納豆を欠かすことはないのです。日曜日だけは、母が焼いてくれる食パンを食べますけどね^^。

毎朝、納豆ご飯をいただいて、まだ夜明け前の薄暗い中をライトをつけて車を走らせます。ブルーな気分で職場に向かうときもありますが、納豆パワーのおかげで体調を崩さずにがんばれます。午前中は、お茶の水分補給だけでお昼までエネルギーが保てます。恐るべし納豆パワー^^。

| | コメント (0)

マンゴスティン、、、、

Dsc00128
が嫁の実家の沖縄から届きました。今朝の朝食のデザートに早速登場。甘くとろけ、、、独特のマンゴの味がしました。

その後、バーゲンセールをしている軽井沢のアウトレットへ車で出かけました。お目当てのモカソフトは相変わらずいい味を出していますねえ^^。夏の必要品をいろいろ買い求めました。
COACHの財布は定価3万4千円の4割引、、、これは買い!と決めてカードで買ってしまった^^;
20090718101335

写真を携帯で撮る前に、先っぽを食べられてしまった「ミカドのモカソフト」

| | コメント (0)

カフェ・ショコラ、、、、、

Dsc01757_2 Photo昨日買ってきたコーヒー豆を使って、カフェ・ショコラを試作してみた。

グラニュー糖のシロップを作って、まぶした後、ガーナチョコを湯煎してコーティング、仕上げは、ココアパウダーとインスタント珈琲をふりかけたもの。

100gの豆を使ってみたが、ガーナチョコは2枚にしたほうがいいみたい^^。豆のカリカリ感をアップさせて、チョココーティングを厚めにすれば(≧∇≦)ъ ナイス!でしょう。

ほんのりビターな大人のチョコになりました。ホワイトデーは、これでいいや^^v。                         

| | コメント (3)

我が家のNEW YEAR'S EVE、、、、

Dsc01598 Dsc01599 Dsc01600 人もうらやむ2世帯分離型住宅に暮らしているので、大晦日は、6人一同に会してごちそうをいただきます。

オードブルと春雨サラダは嫁の手作りです。

ここは北信地方なのですが、年取り魚は、ブリと我が家では定番です。これは、σ(▼▼;)の母が煮付けます。

お神酒は、σ(▼▼;)と父で酌み交わします。今年は、父から遺産相続の話を切り出してきましたが、息子としては、相続も大事ですが、元気で長生きしてもらうのが一番です。

娘はこれから、友達と善光寺に二年詣りに行くそうです。朝帰りかよw

明日元旦は、軽井沢のアウトレットに初売に家族で行く予定です^^。

| | コメント (0)

12月のおいしい野菜

Hoshihakusai Hakusaituke Kuromame 何度か霜が降りた畑の、最後の「白菜」2玉を、白菜漬けにしました。

天日干しをして、総重量の3%の塩漬けです。鷹のツメ、昆布、ゆずを入れてあります。

来週から、毎日職場のお昼と、3時のお茶にテーブルにあがることでしょう^^。なんてまあ、かいがいしい漬物おじさんだこと、、(←誰も言ってくれないので、自分で言ってますw)

信州には「野沢菜」という、家庭によって味のちがう有名な漬物がありますが、俺はこの白菜漬けが好きなんだなあ。。おいしくて、パクパク食べちゃいます。うまく漬かるといいけどねえ。来週までのお楽しみ^^。

写真の黒豆は、左:丹波の黒豆 右:ひかり黒豆です。ズームしてみました。

丹波の黒豆は、煮豆にするくらいは収穫できそうなので、年末の休みに調理してみようと思ってます。

やっと、ノートPCが復旧しました。やれやれです^^。

| | コメント (4)

癖になりそうな味、、w

Gari Kuromame 採れたて「生しょうが」の甘酢漬けを、試食してみました。う、、、、っっ、、んまい~。風邪気味からなかなか脱出できないσ(▼▼;)にとっては、うまくて、身体が温まる「生姜漬け」は最高の一品です。

もう一枚の写真は、丹波の黒豆を、真上から撮影しました。冷たい風が吹くころにならないと、黒豆は枯れてこないそうです。大きな莢の大きな豆も目だってきたので、このまま、、極上の黒豆に育ってくれたらいいのにね^^。そのときは、真空保温調理器を使って、煮豆をつくってみたいです^^。

明日は、レッスン日だあ。音階練習さえ、うまくできないw。毎週、毎週こんな感じでレッスンを迎えてますw。

今週は、金曜日の残業が決定w。土日も休みがなく、フルタイムでの仕事が決定w。月曜日まで休めないなあ。厳しい週ですわw。

| | コメント (0)

根しょうが(大しょうが)を収穫、、、

Shoga Shougatuke 寿司屋の「がり」を、自分で育てた「しょうが」漬けで食べてみたくて、、、、しょうがなったので、、、w

5月末に「近江お多福」(長崎産)という種しょうがを植えました。畑のすみっこに、6カケラ植えたのです。

後、1、2週間待てば、もっと大きくなると思いますが、他の収穫もあるので、少し早めでしたが、今週収穫しました。6株ともしっかり根付いて、1,2Kgの総重量です。とっても新鮮できれいなしょうがに育って満足です^^。

生姜は、「身体を温める」、「殺菌作用」などで知られていますが、その生態や効能は、まだよく解明されていないらしく、謎の多い不思議な植物だそうです。そう聞くと、なおさら愛着がわいてしまうσ(▼▼;)でしたw。

500gは、自分で甘酢漬けにして冷蔵庫に保存しました。スライサーが壊れていたので、包丁切りしましたが、少し厚めになってしまったのが残念。薄く切りたかったけど、技術がないw。来週にでも、味見をしてみます。

| | コメント (0)

さつまいも(紅あずま)収穫、、、

紅あずまは、さつまいもの中でも、早生の方だと思います。5月中旬に苗植えして9月下旬には収穫できます。一畝分ほりました。サツマイモは、今年は5種類育てているので、あと4種類残ってます(金時、鳴門金時、太白、種子島紫)。

晴天の日にほったので、その日、一日ムシロの上で天日干ししました。が、二、三日天日で干した方がいいようです。焼き芋にして試食してみましたが、満足のいく食感、味になっていました。

そこで、「大学イモに挑戦」、、、ъ( ゜ー^)イェー♪

①さつまいも(400g)を、タワシでゴシゴシしてきれいにする。

②ペーパータオルで水気をとる。

③一口大に適当に切る。

④ふたつきフライパンに、油を20g(大さじ2)入れて、一口大のいもを全部入れる。(火加減は、強火に近い中火です←適当w)

⑤ふたをしめて、10分間ほど、蒸し焼き上げる。焦げ目がつく程度がカリカリしておいしくなります。

⑥ふたをとって、5分ほど、余分な水分、油をとばすために焼き上げます。(箸で刺してみて、箸のとうりがよければO。Kです。σ(▼▼;)は実際に食べてみますがw)

⑦さきほど使ったペーパータオルをフライパンに入れて、余分な水分、油をふきとってしまいます。

⑧大学イモのタレ(市販品で180円位)を入れて、粘り気が出る程度に煮詰めてからめます。(入れすぎないように、少しずつ入れた方がいいです)

⑨火を止めて、菜箸でかきまわしながら、黒胡麻を適量入れて、タレが飴状になるまで、しばらくかきまぜます。

Clip_image002

※ 油で揚げてない分、油の摂取がへるしーw、、とってもヘルシーな大学イモになりますw。

イモのまわりがカリカリして、大学いものタレがキャラメル状になってキャラまればw、成功でしょうね^^。

| | コメント (0)

キャラメルポップコーン作り…その②

 昨夜は、残業で10時過ぎに帰宅。スティっカムのライブができませんでした(^^;)。今夜できるかなあ?

さて、「キャラメルポップコーンを家で簡単にできるのか?」という問いに対する答えは?

「はい、できます^^」です。

それでは、これから「キャラメルポップコーンの作り方」の「詳しいレシピを公開します。

①ポップコーンの種を用意してください。市販されてるものは、だいたい150g入りで、150円ぐらいで売ってます。1回につき60gの使用が適量かと思います。欲張って多くフライパンに入れすぎると、ポップしない種が残ってしまいます。

②フライパンにサラダ油を大さじ1,5杯(15g)入れましょう。ポップコーンの種(60g)は、このとき入れてしまってかまいません。中火でいいです。

③種にこげ目が付きはじめる頃、最初の種がはじけはじめます。すぐにフライパンの蓋をしてください。蓋をしないと、四方八方にはじけ飛びます。

④蓋をしたまま、フライパンを前後左右に振りながら、種がまんべんなくはじけるようにしましょう。全部の種がはじけるまで、けっこう時間がかかります。

⑤はじける音がしなくなったら、大きめの金ボールに移し入れます。金ボールにはサラダ油をぬっておくといいです。熱がさめてから、はじけなかった種を除いてください。すぐに種を手で取り除くと、火傷しますw。この種は、もう一度炒ってみても、はじけることはありませんので処分しましょう。

⑥耐熱ガラスボールに、市販のキャラメルを30gと生クリームを大さじ1杯(10g)入れて、電子レンジ(中)で1分30秒チンします。キャラメルがやわらかくなりますので、生クリームとよく混ざるように、スプーンでよく攪拌します。

⑦大きな金ボールに入ったポップコーンの上に、耐熱ガラスボールを持っていき、ガラスボールの中に、ポップコーンを多めに入れながらスプーンを使って絡めるといいです。

⑧最後は、大きな金ボールの中で、キャラメルがポップコーンに満遍なく絡まるように、スプーンでかき回します。

⑨トレイの上に出した後、くっついているものがあったら、ばらせばできあがり。

* 個人的に好きな味は、黒糖キャラメルとアーモンドキャラメルです。

* 塩気も少しほしいという人のためには、⑤の仕上がりのときに、塩を少々ふってみるのもいいかもしれません。

これであなたも、東京ディズニーランド、、いや、、w、、、映画館気分でポップコーンをほうばることができるはずです。

このレシピで実践された方は、ぜひコメントに感想、改良点をご記入くださいね^^。

成功をお祈りします。

| | コメント (0)